『無』の世界『0=∞=1』を活用応用した ~尊厳Life Styleの提案~

『無』の世界『0=∞=1』を、nTec(認識技術)を使って活用応用した生き方やnTec(認識技術)とは何かをわかりやすくご紹介します。

観点の問題 職場編【非認知/認知】

いつもご訪問ありがとうございます(*'▽')!

 

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として

活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

昨日は、無意識の『固定観点』が生まれる仕組みについて書きました。

詳しくはこちら

kou-shinsekairoute.hatenablog.com

今日は、その無意識に固定観点がつくられ、
自分の判断基準(観点)から、どんな問題が発生するのかを
書こうと思います。

①観点の問題全体象

 観点が生み出す問題は大きく6つ対称性であります。

1.非認知/認知
2.異質性/同質性
3.固定性/流動性
4.自発性/他発性
5.否定/肯定
6.不完全性/完全性

②観点とは何か?

今日は、まず1番の『非認知』『認知』について、
よくある職場での出来事を通してご紹介したいと思います。

『観点の非認知』とは何でしょうか?
みんな観点を持っていることを知らない状態のことを言います。

ちなみに、もし、概念で知っていたとしても、
今ここ観点が働いている事を意識できてないと、
『非認知』と同じ状態です。

ちなみに、観点を持っていない人は、
この世の中を探しても、誰一人としていません。

観点は、判断基準でもあるので、
判断する基準がないと、
今こうしてこのblogを見ようと思っても、
「見る・見ない」という判断が働かないのと同じなので、
このblogさえ見ることもできません。

 

②職場である観点の非認知の話

では、職場で『観点の非認知』だと
一体どんな問題が生まれるでしょうか?

f:id:kou_shinsekairoute:20180322195831j:plain

ある日Aさんが、職場で相談することが出来ない状況で、
自分で判断し、後でそのことを上司に報告をしました。

すると報告を聞いた上司は、
いきなりAさんに対して事後報告したことに対して怒りました。

これが観点の非認知の状況です。

こういう状況は、よくある話だと思いますが、
なぜ、この状況が問題でしょうか?

③観点の非認知の問題

Aさんが、なぜ相談できなかった状況だたのかを聞かず、
Aさんが事後報告したことに対して、
上司がAさんの事が悪いと勝手に決めつけ、
Aさんに二度と同じことをしないようにするために、
怒るという行動をとったとしたら。。。

部下のAさんの立場からしたら、
自分が相談しなかったことは反省する気持ちもありますが、
上司がなぜ自分が相談できない状況だったのか、
その事を理解しようとしてくれないという気持ちになり、
Aさんは上司に心を開くことができず、
怒られれば、怒られるほど、どんどん心が委縮してしまい、
いいチームプレーができる関係性構築は、
難しくなりそうですね。

 

④職場である観点の認知の話

では、今度は『観点の認知』だとしたらどうでしょうか?

観点を認知している状態なので、
自分にも、相手にも観点があることが分かっている状態です。

そうなると、先ほどのAさんと上司の関係はどうなるでしょうか?

ある日Aさんが、職場で相談することが出来ない状況で、
自分で判断し、後でそのことを上司に報告をしました。

上司は、Aさんがなぜ相談することができなかったのか、
Aさんの観点を聞こうとします。

その上で、上司の観点は〇〇だと自分の観点をAさんに伝えます。

先ほどの『観点の非認知』とは打って変わって、
全くコミュニケーションスタイルが違いますね。

こんな上司だとしたら、部下のAさんも安心して話ができますね。

しかし、多くの場合、
相手の観点を聞く前に、自分の観点を優先させて、
判断し、行動してしまいます。

⑤観点の認知の問題

では、この『認知』だとどんな問題が起こるでしょうか?

一見、何の問題もなさそうに見えますよね。

しかし、ここに中々気づきにくい問題が隠れています。

本当のコミュニケーションスタイルは、
相手の言葉・表情・行動だけの表面で交流するのでは、
本当の意味で、相手と疎通・交流できません。

では、どこまで行くと疎通交流できるのか?

それは、下図の自分のIdentityからも出て、
相手のIdentity、Energy、Image、感情、思考が、
全部理解できた時に、本当の疎通・交流が起こります。

物凄いエネルギーが循環した交流ができるので、
コミュニケーションだけで、元気になれるような境地です。

f:id:kou_shinsekairoute:20180316223951j:plain

ですが、通常は、
表層の表情・言葉・行動をみて行動してしまいます。

ですので、
本当の疎通・交流を起こすコミュニケーションをするには、
『宇宙の外』のイメージをインストールして、
コミュニケーションのトレーニングが必要になります。

しかし、非認知よりは、認知しているだけでも、
相手と良い関係性を構築するには、絶対に良いです。

人間関係の悩みを抱えている方は、
この現代社会で、とても多いので、
少しでもお役に立てればと思います。

そのためにまずは、『悩みの根本原因』を知ることが大事です。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。