『無』の世界『0=∞=1』~新技術nTechを活用したLife Styleの提案~

『無』の世界『0=∞=1』を、nTech(認識技術)を使って活用応用した生き方やnTech(認識技術)とは何かをわかりやすくご紹介します。

違うものをイコールにする『メモリがある心のものさし』

いつもご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

 

私たちの脳は機能的に
共通より違いを認識しやすくなっています。
その機能によって分けて考えてしまいます。

なので、相手の話を聞いていても
共通点を探すより
違う点を探して
「私とこの人は違う」という
分離意識をつい生んでしまいます。


この状態では違いばかりを取ってしまい
相手と仲良くなったり
違うものをイコールにすることが出来ません。

だからこそ、
全く違うものをイコールにさせていくための
道具が必要になります。


それが
『メモリがある心のものさし』
を持つことです。

『メモリがある心のものさし』
持つことが出来るようになれば
全く違う
A=notAをつなげていくための
今までみえなかった
階段をつくることが出来ます。

それは例えば
とてもじゃないけど
乗り越えることが出来ない大きな壁でも
その壁を上る為の階段が作れれば
一気に登ることが出来なくても
必ず乗り越えることができますよね!


その‟道”であり‟間”を見つけていくことができるのが
『メモリがある心のものさし』を持つことが出来る
認識ができる技術です。

その間が見えた時に
全く違うものをイコールにさせることが出来る
道の建設が出来るようになるため

共通を見つけて
全く違うと思っていたものでも
同じ方向性や疎通を起こす
チャレンジしやすくなる

きっかけをつくることが出来るのだと
思いました!

すべての現象を測ることが出来る
『メモリがある心のものさし』を持つことが
出来る人を増やしていく
教育革命がとても必要だと思います!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
記事が気に入ったら、読者登録よろしくお願いします(*'ω'*)!

「オノマトペ」と言語と感覚の繫がり

いつもご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

普段当たり前に使っている
「言語」

先日、言語によって
認識して、理解して、考え、感情が動くんだ~!
って実感する出来事と遭遇し
今日は、その事を書きたいと思います。


始めて聞く単語を相手がこちらも知っている前提で
話された時に「????」
混乱が起こったことがありました。

しかも、話の脈絡から
それはどうやら学校教育で普通に
教えられているものだそうです。

そして、私の心の中は
「え????」
「何て今言った???」
「何を言っているのか全く分からない・・・💦」

しかし、周りの何人かは
「あ~!そんなのあったね~!」って
共感する始末(笑)

まじか・・・💦
私は、Aちゃんが何を言っているのか
全く分からないんだけど。。。💦
と、心のつぶやきが更に加速・・・(;´・ω・)

その後、Aちゃんに私は初めて聞く言葉なので、
それは一体どういう意味なのかを聞いてみました。


ちなみに、みなさんは
オノマトペって知っていますか?


私は人生で初めて聞く単語だったので、
宇宙語??!!!って思うほど
単語の意味も、イメージも1㎜湧きませんでした💦

どうやら今の学校教育では
普通に教えられているものらしく
Aちゃんも私が知らないことに驚いていました。


そして、どういう意味か理解するために
やはりGoogle先生🌟」で調べました!

すると、

オノマトペ
自然界の音・声、物事の状態や動きなどを音(おん)で
象徴的に表した語。音象徴語。擬音語・擬声語・擬態語など。

特に日本語は
オノマトペ」が多い言語だといわれています。 
諸説ありますが、動詞の種類が少ないことが主な理由のようです。

というように書いてありました。

やっと、Aちゃんが使っていた
オノマトペ」という正体不明な宇宙語
(少なくとも私は最初その様に認識しました💦)
言っている意味がやっと認識出来て
理解が出来るようになったら
話の脈絡から、理解が出来るようになって
意思疎通が出来るようになりました。


最初聞いた時は、
私が耳がおかしいのか?!と思い
聞き取りが全然できなくて
え??何て言った?もう1回言って欲しい!
何度か繰り返し質問してしまうほどの
オノマトペ」という宇宙語(笑)


本当に自分の体験・経験・イメージに無いもの
まったく何もイメージも感覚も立ち上がらないし
話の脈絡から意味を察するという
日本人独特の感覚すら通用しないんだと
改めて実感した出来事でした。


そして、このオノマトペに関しては
時代によっての教育の違いを感じました~。

私もそうですが、その場にいた私より年上の人も
習っていないと言っていたので
一体いつの時代から
教育に導入されるようになったのか分かりませんが

日本人なら分かるけど、外国人には分かりにくい
オノマトペは多いと思います。

昔、タイ出身の女性
「日本語は難しいです
 雨が‟パラパラ”と‟シトシト”の違いが分からない
 どう違うんですか?」
と聞かれた時に
状態を音にして表し、伝達するものを
言葉だけで表現するのに困ったことを思い出しました。

そして、よくよく考えたら
関西も「オノマトペ」は多いと思います。
「そこをシュっと行って、右に曲がんねん」
とか
ゴロゴロで持っていくねん」
とか
ドン付きを曲がるんやで」
後、子供に座ってねというのを
「オッチントン」と言ったりします。
など(笑)

正直なはなし、
これを客観的に聞くと、何を言っているのか
かなり意味が分かりませんが
関西人なら、これは通じるんですよね~(笑)


なので、
言語によって認識し、感覚が生まれ
理解し、考え・感情が湧いてくるという
人間の認識の仕組みを教えてもらった話が
今ここの実感として繋がる出来事でした(笑)


ちなみに、犬🐶の鳴き声の聞こえ方も
国によって違います。

日本「ワンワン」
アメリカ「バウバウ」
韓国「モンモン」

だそうです。

犬の声は同じはずなのに
国の使う言語によって聞こえ方の感覚が違うって
すごい話じゃないですか?

なので、日本人の私たちは
アメリカの「バウバウ」や
韓国の「モンモン」は絶対に聞こえないですが、
アメリカ人も韓国人も
嘘は言っていません。

だから、言語が感覚をつくっているという
話の時に話してくれた
分かりやすい例だと思います。


その様に
言語の影響力の凄さを改めて実感する話でした。

そして、実は私たちが使っている言語
歴史上始めて大問題が隠れていたことを
発見した人がいます。

それが、韓国人のNohJesuさんです。

私たちが日常で使っている言語
なぜ大問題なのかについては
また書きたいと思います。

本当にこの事の問題点が分かればわかるほど
「言語革命=教育革命」の必要性
めちゃくちゃ実感します。

日本から教育革命を一緒に起こしていき
教育Hub立国日本を作って行きましょう!

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
記事が気に入ったら、読者登録よろしくお願いします(*'ω'*)!

ゾーンの世界とニーチェ哲学の繫がり

いつもご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

 

この前プロジェクトのチーム内でシェアした話の中で
これって‟ゾーン”へのプロセスと一緒じゃない?!
って話になり、大いに盛り上がったので、
それについて書こうと思います!


誰もが人生の中で一度は経験してみたいこと
それが「ゾーン」ではないでしょうか?


ちなみに「ゾーン」とは
一般的に
「ものすごい力を発揮できる状態が短時間だけ続くこと」
と定義されているようです。


ゾーンは、スポーツだけでなく
あらゆる人間の活動のどの角度でも
その領域にいくことが出来るものだと思いますが
その領域を経験することも
経験できたとしても
再現することも難しいのではないでしょうか?


その「ゾーン」へ到達する道のりは、
実は哲学者ニーチェが言っていた
人間の「精神の三段の変化」
一緒だということがシェアする中で繋がりました!


ツァラトゥストラの教説」の章
「三段の変化」には以下が書いてあります

わたしはあなたがたに、精神の三段の変化について語ろう。
どのようにして精神が「駱駝」となるのか
「駱駝が獅子」となるのか
そして最後に「獅子が幼な子」になるのか、ということ。


「駱駝」の段階
精神にとって多くの重いものがある。
畏敬の念をそなえた、たくましく、
辛抱づよい精神にとっては、多くの重いものがある。
その精神のたくましさが、重いものを、
もっとも重いものをと求めるのである。
どういうものが重いものなのか?と
辛抱づよい精神はたずねる。
そして駱駝のようにひざを折り、
たくさんの荷物を積んでもらおうとする。
どういうものがもっとも重いものなのか、
古い時代の英雄たちよ?と辛抱づよい精神はたずねる。
わたしもそれを背負い、
自分の強さを感じてよろこびたい。
ツァラトゥストラはこう言った岩波文庫 氷上英廣 訳より引用

この駱駝の段階では、
目的目標に向かうプロセスの中で、
中々結果が出ない、思った通りにいかないなど
無限大カオスの精神状態が「重いもの」の象徴だとすると
それでも目的に向かって
辛抱強く結果が出るまで、もがいている状態です。

それは、まるで砂漠の中でさまよう「駱駝」の様なイメージ

この段階で諦めてしまう人もいるかもしれませんが
それではゾーンまでは到底到達できません。 

「獅子」の段階
しかし、もっとも荒涼たる砂漠のなかで
第二の変化がおこる。ここで精神は獅子となる。
精神は自由をわがものにして、
おのれの求めた砂漠における支配者になろうとする。
精神はここで、かれを最後まで支配した者を探す。
精神はかれの最後の支配者、かれの神を相手取り、
この巨大な竜と勝利を賭けて戦おうとする。
精神がもはや主なる神と呼ぼうとしない
この巨大な竜とは、なにものであろうか?
この巨大な竜の名は「汝なすべし」である。
だが獅子の精神は「われは欲する」と言う。
ツァラトゥストラはこう言った岩波文庫 氷上英廣 訳より引用


砂漠の駱駝を通過した先に待ち構えている段階
この「獅子」の段階です。

巨大な竜「汝なすべし」をどのように整理するか
それは、
今まで自分自身や時代や社会が培ってきた
「意味・価値などの固定概念」を象徴していると思います。

自らの意志で今までの固定概念に挑戦していく段階です。

それは、自分の中の無意識の常識を破壊ししていき、
新しい世界との出会いにも繋がります。


その無意識の常識を破壊していく段階にも
色んな深さがあります。

・顕在意識の常識
 自分の中の常識、善悪、当たり前だと思うことなど

・潜在意識の常識
 いわゆるアンコンシャスバイアス的なもの
 社会の中で培われた常識
 例えば
 時間は守る、ルールに従う、女性なら〇〇
 男性なら〇〇、母は〇〇あるべき
 親とは〇〇するもの など・・・

・人間共通の常識
 
宇宙は1つしか存在しない
 
時間は有限で過去から未来に流れるもの

 この現実が絶対有る
 など

幼子について
幼な子は無垢である。忘却である。
そしてひとつの新しいはじまりである。
ひとつの遊戯である。ひとつの自力で回転する車輪。
ひとつの第一運動。ひとつの聖なる肯定である。

ツァラトゥストラはこう言った岩波文庫 氷上英廣 訳より引用

そして、全ての常識がALL Zero化された世界
0であり無の世界
その無の世界から1を再創造していく段階
それが幼子の段階です。

そこには、既存のすべての情報に囚われない
‟知っている世界から大自由になった存在”
その状態が、幼子の無垢であり、忘却の世界観

そこにとどまらず、
新しく自分が生み出した宇宙を大自由な境地から
遊び感覚で想像していくことが出来る境地

それは、何ものにもとらわれない、とどまらない
全知全能感覚が備わっているので
すべてが今ここ1だけがある
Beautiful Harmonyの境地
超クリエイティブテンション
心感覚の状態です

その状態を「ゾーン」
一般的には呼ばれているのではないでしょうか。


ゾーン状態と出会える技術を活用して
誰もが「ゾーン」の領域を活用出来て
人の能力がどんどん花を咲かせる
未来社も夢ではないと思います。

そうなったら、
色んな進化が日々起こる
ラクルな社会が実現しますね!

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
記事が気に入ったら、読者登録よろしくお願いします(*'ω'*)!

ペロシ米下院議長の台湾訪問について

いつもご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

 

今朝は、SNS3.0を創造していくアプリ
Diglinkの朝活に参加しました!

ペロシ氏の台湾訪問」について
動画をみてディスカッションしました!

先日始まった中国の台湾周辺への
「重要軍事演習行動」
この事に繋がっていたことがこの動画で分かって
日本も対岸の火事ではないことが分かり
今後、日本が中国、アメリカに対して
立ち位置をどのように取っていくのか
とても重要な問題なのだと感じました。

観た動画です


www.youtube.com


www.youtube.com

この動画をみて私が感じたことは

国の覇権をかけた戦い
台湾、日本、韓国などの近隣諸国が
巻き込まれているような状態だと思いました。

まるで
世界家族の中の
中国とアメリカの両親ケンカ
台湾、日本、韓国の子ども達が
巻き込まれているような状態の様なものだと思いました。

この出来事を
どのように解析するのかにもよると思いますが
この動画では、訪問のタイミング
アメリカのペロシ氏が中間選挙を控えているため
選挙に有利に働くように台湾訪問した
そして、中国の習近平国家主席
この秋に党大会を控えているため
この事を無視することはできない状況だと

もし訪問しない場合
アメリカが中国に屈したという印象を与え
中国が増長し台湾防衛に疑念が発生する可能性があると
その様に動画内で言われていました。

どちらにしても
一体、誰のための、
何のための政治なんだろう?
とすごく疑問に感じたニュースでした。

なぜこのタイミングで台湾を訪問したのか?
なぜ中国が軍事演習行動を起こしたのか?

出来事だけ見ると理解できないことがありますが
部分的な出来事だけをピックアップしてみるのではなく
その脈絡や世界的な流れや動きをみていくことで
理解が出来るし
結局は、イデオロギーの対決構造が見えてきます。

歴史的にみても
共産主義自由主義の戦いのボーダーラインになった
この東アジアのエリアですが
二度とイデオロギー対決の犠牲がでないように
なって欲しいと願います。

本当に心から安心・安全な世界になるためには
小さなことのように見えますが
知っている世界から自由にならない限り
本当の平和は難しいです!

日本は和を大事にする国です!
しかし、建前の見せかけの和ではなく
本当の心からの和をつくることが出来るためにも
脳で分離・断絶する認識から
「源泉動きひとつだけがある」を認識して実践できる
Peace Leadershipを発揮する
本物のリーダーを育てる教育が広がっていくことが
本当に戦争の火種を消していくことにも繋がります!

そんなリーダーが日本に溢れる
教育Hub立国日本をつくっていきたいですね!

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
記事が気に入ったら、読者登録よろしくお願いします(*'ω'*)!

本当の平和とは

いつもご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

 

今日は広島に人類史上初めての原爆が投下されてから
77回目の「原爆の日ですね。


ひとつの発見と発明によって
私たちの生活が豊かで便利になることもあれば、
アインシュタインの発見した理論

E=mc₂

この公式が、
原子力がいかに大きなエネルギーなのかを
示す公式でしたが
これが原子爆弾を作るもとになる
理論になった公式
でもあります。

 

2005年に公開された手紙で、
アインシュタインは日本人の友人に対し、
「わたしは日本に対する原爆の使用を常に非難してきたが、
わたしはあの運命の決断を阻止するために何もできなかった」
と書いている。

また、1952年には日本の雑誌
「こうした実験が成功すれば、
全人類にとって恐ろしい危険となることを
十分認識していた」と書いた。

businessinsiderより抜粋

詳細は、こちらに書いてあります。

news.line.me


誰もが平和な世界を願う一方で
現在,世界には13,400発の核兵器があるそうです。

最大の保有国は
ロシア 6,375発
アメリカ 5,800発を保有しています。

この2か国で世界の核兵器
90%を占めているそうです。

以下に詳細があります

世界を取り巻く核兵器の状況(2021年時点)

hiroshimaforpeace.com

現在の核は、昔、広島・長崎に投下されたものより
威力は更に大きいモノです。

今も、ロシアのウクライナ侵攻は
いつ終わるのか分からないぐらい続いています。


1945年、広島市への原子爆弾投下報道に衝撃を受るた
アインシュタインの言葉です。

「我々は戦いには勝利したが、
   平和まで勝ち取ったわけではない」
と演説されたそうです。


本当の平和とは何でしょうか?


対立した相手を暴力や財力で
統制することが平和なのでしょうか?

違いますよね。


本当の平和とは
‟敵を一切つくらないこと”

それは、自分の中にある
自分と他を分けて分離断絶してしまう意識です。

かのアインシュタインはかつて、
「もし地球が60分後に滅亡するとしたら、どうしますか?」
という記者の問いに対し、
「55分間は問題の原因発見に当てる」
と答えたそうです。

それは、病気の診断が間違っていたら、
処方箋も間違ってしまうように、
「問題の根本原因とは何か?」の特定を
明確にすることが重要だという意味です。


平和になれない
分離断絶してしまう意識をつくってしまう
根本原因を歴史初、世界初
発見した人がNoh Jesuさんです。

 

ぜひ、その根本原因から一緒に解決していく人たち
それが、令和のSAMURAIです。

ぜひ、明治維新を起こした侍たちのように
令和のSAMURAIになる
日本人の結集を起こしていきたいです!

我こそはと思う方は、ぜひ
8月15日のシン人類誕生祭に来てください!

www.event.noh-jesu.com

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
記事が気に入ったら、読者登録よろしくお願いします(*'ω'*)!

人の話が聞こえるようになるための道具

いつもご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。


今日は、こちらの
傾聴マスターワークショップに参加しました!


人の話を聞くことが出来ない
コミュニケーションが上手くいかず
人間関係も上手くいかない問題になると思っていましたが、
実はこの問題は、
時代の大きな問題であり
限界、課題と繋がっていることが
このワークショップで分かって、ビックリでした!


私もそうですが、
コロナになって、ただでさえ
オンラインで人の話が聞けなくなっている人が
多くなっているだけに
かなり深刻な課題だと改めて感じた時間でした!

人の話を聞けない状態は違う言い方をすると、
人の心が分からない状態でもあります。

傾聴不可能な原因を
本質と現実両方からのアプローチで整理されて

すごいなるほど!納得!の時間でした!


中でも現実的な原因の中で
日本が集団で無意識に抱えている
社会エネルギーのトラウマを整理整頓して
それをALL Zero化していかないと

世界の中でも日本人が
ダブルで話を聞けない原因を抱えている状態
あるんだと思いました!

日本の社会エネルギーについては
こちらに書いてあります!
ぜひ読んでください!

kou-shinsekairoute.hatenablog.com


今までの脳感覚の中では
色んな原因が他にもありますが
印象に残ったのは
自分自身が話を聞いてない状態であることにも気づかず
『なんで私の話を聞いてくれないの~!!!』
になり、

話を聞いている側も

あなたの話を十分に聞いて返答しているよ!
あなた自身が聞いてない状態であることに気づけ!
と思い

Adoさんの歌が象徴しているように
『うっせぇ、うっせぇ、お前の話は聞きたくね~!』
顔は笑顔で心の中で叫んでいる状態


www.youtube.com

その両者の無意識の対決で

永遠に疎通交流を起こすことが出来ないぐらい
心がパンパン状態
話を聞くどころではない現在地なんだそうです!


環境も経済も政治もどこを取っても
本当に循環が起こる状況が作れない
エネルギーがパンパンなこの状況
nTechの心感覚を活用して

目が見えない人が眼鏡をかけて
目が見える状態にしていったり
耳が聞こえない状態の人が
補聴器を付けて耳が聞こえるようにするように

人の話が聞こえるようにするために
心感覚を道具として使って
人の話が聞ける人が増えていかないと
本当に
人間関係の断絶と組織の滅亡
集団自殺コース
向かって行っている状態なので

あたらめて日本から
尊厳を回復させていく人間教育の必要性
感じた時間でした!

ぜひそのためにも
8月15日『令和維新始動 シン人類誕生祭!』


1000人の結集を起こして
日本の社会エネルギーを変えていくきっかけ
1日にしていきたいと思いました!
ぜひ興味ある方は、以下をポッチっとお願いします!

www.event.noh-jesu.com

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
記事が気に入ったら、読者登録よろしくお願いします(*'ω'*)!

プログラミング言語と人間の行動原理

いつもご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

 

先週末に参加したJeiGrid主催の技術者向け
Digital Leader Shipプログラム(通称:DLS)
スタッフで参加た時の続きを書きたいと思います!

この前のblogはこちら

kou-shinsekairoute.hatenablog.com
こちらの研修は

PCの作動原理
意識の作動原理
宇宙の作動原理
意思決定原理
すべてシンプルにイコールになる世界

その中の
「構造理解・イメージ言語の理解」の単元でした!

言語の理解の後に
プログラミング言語と人間の行動原理
を繋げて整理してみて、
本当に全部がイコールになることが
より繋がって、めっちゃ面白かったです!


・順次構造
これは「条件反射的行動」になるので
人間の判断は入らない世界です。

目の前をパッと見て→認識して→考えがでる
‟人間の判断が入る前の条件反射的なもの”

例えば
呼吸、食事したら排泄物がでる、汗かくなど
脳の働き、目で見る
脳で処理→画面が出る

人間がコントロールする前の動き


・選択構造(分岐処理)
‟認識して判断が入り、選択ができる”世界です。

例えば
朝起きた時に
身体が疲れていると感じたら→起きれない
身体が疲れてないと感じたら→起きる

常に私たちが生きる上でやっている構造ですね!


・反復構造(ループ処理)
この構造は、
‟同じことをずっと繰り返してしまう”ことです。

例えば
完璧主義だと終わりがなく追及し続けてしまうのを
永遠にループしてしまう状態から
終了する時の条件が
強制終了になった時
締めきりが来てしまう、体調悪くなって倒れる
などなど

生産性を上げていく時
Plan
Do
Check
Action
を使います。

これもこの構造にはいるよね!って話をしてました!

自分自身の無意識のパターン
この反復構造の中に当てはまりますが
同じことの繰り返しから
次元が変わって行くと
反復構造から自由になるので
次のstageに行くことが出来ます!

こんな風に
人間の動きをプログラミングの構造で
整理していくことで
意識の作動原理とPCの作動原理が繋がって
理解が出来る
ただプログラミングをするより
自分ごとと繋がっていくので
かなり楽しみながら学びが出来ていきます!

それも
自分と自分の宇宙が無い所から出発して
宇宙を点の中に入れて
PU(Personal Universe)をつくることが出来る
仕組みを理解できているからです!

9月に始まる後半のDLSが楽しみです~!
jeigrid.co.jp

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
記事が気に入ったら、読者登録よろしくお願いします(*'ω'*)!

「知っている世界の衝突」がすべての争いの原因

いつもご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

 

今、話題になっている、安倍さんの事件をきっかけに
政治とトラブルのある宗教の関わり方について
みなさんはどう思いますか?

日本は世界と違って、
「宗教」という単語に対するイメージ
この前海外でずっと住んでいた日本の方と
話しても本当に違うんだと感じました。

その方曰く
「日本人はカルトと宗教の違いもよくわかってないですよね」
言われるぐらい

何かよく分からないもの=宗教

という風に勝手に決めつけてみてしまうのが
日本の現状ではないでしょうか?


先月7月23日に開催された
Noh Jesun Techマスター1day
講師のNoh Jesu氏が話していた内容を聞いて、
本当にそうだなと感じたので、
シェアしたいと思います。

 

世界で起こっている戦争や紛争の
ほとんどの原因の根っこは、
宗教、イデオロギーの対立によって起こっています。

今日
アメリカ、アルカイダ指導者アルザワヒリ容疑者を殺害 
   アフガニスタンでドローン攻撃」

がTOPニュースとして流れいました。

www.bbc.com

これらの対立構造が起こる問題の根っこから
解決していかないと、
いつまでも終わりなき戦争・紛争・闘争が続きます。

誰もが戦争が無い平和な世の中を願っているはずなのに、
本当に矛盾していますよね。

この問題の根本問題的な原因に対して
明確な処方と診断をしているのが
私はNoh Jesu氏だと思います。

なぜなら、彼はマスター1day内でその事について
話されているからです。

そ一部を抜粋して、ご紹介したいと思います。

キーワード
「人間と人間の宇宙は実在しない
 源泉動きひとつだけがある」

これは、今までの釈迦、イエスマホメットなど宗教家、
アインシュタインの科学者、心理学者のフロイト
無知の完全性と言った哲学者のソクラテス
ニーチェ、カントも今まで明確にいってない世界

それがどういうことなのか?
この事を自分の考えが出来るようにさせないといけない。


日本で安倍さんの事件が起きていることは
宗教よりもっと深い精神革命が起きるところ

すべての宗教の紛争が起きない教育が必要

それは哲学より深くて広い

科学よりシャープ
数学より精密な教育が生まれないと人類の未来はない


今までの西洋の学問は不完全学問
99.999999・・・永遠に100にならない。

人間と人間の宇宙は実在しないから出発しないと
完全学問にならない

 

「人間1人1人は、自分を救済できるのは自分
 他の人に依存するものではない」
それを明確にしたい。


安倍さんの事件のを通して
世界全体が鬱・自殺・殺人・戦争を無くすには
学問革命、教育革命が必要


知っている世界の衝突が原因なので
そこから一旦自由になる
学問革命、教育革命が必要
(Noh Jesu nTechマスター1dayより一部抜粋)

 

そういう思いから、

「学問革命、教育革命のウルトラビジョンシリーズ」
というイベントで以下の内容を企画されたそうです。

●9/17
  宗教本質の大解剖と心の本質をマスターする

●12/17
  科学本質の大解剖と心の本質をマスターする

●2/5
  哲学の本率の大解剖と心の本質をマスターする

ただ、理想を言われているように聞こえるかもしれませんが、
NohJesu氏が大学4年の時に
理想から現実までの体系を整理した
以下の図の体系で全部整理すれば、
何が良くて何が必要なのか比較して考える事ができるそうです。

これを使えば、個人も組織もかなり緻密に整理できる内容です。
大学4年にここまで緻密に考えれるってすごいですよね!

詳しくは、この動画で話されています

ノ・ジェスが語る、宗教の限界とそれを補う完全学問とは?
~今チャンスが到来している日本に向けてのメッセージ~


www.youtube.com

国家革命という本を2005年に出版されているので、
そこでも詳細に書かれています。

ちなみに動画内で出ていたコラムは以下になります

www.noh-jesu.com

 

本当に、知っている世界の中
自分の考えが正しい。だから、相手の考えは違うという
〇×、知っている世界から自由にならない限り
個人も、組織も、国家も平和はおとずれません。

その為には、
「自分と自分の宇宙が実在しない」
ここからスタートできる人を育てる
学問革命、教育革命
日本から起こしていきたいですね!


ぜひ、興味・関心のある方は以下に参加してみて下さい!

www.event.noh-jesu.com

【9/17開催】第7回 NohJesu nTechマスター1day

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
記事が気に入ったら、読者登録よろしくお願いします(*'ω'*)!

人間の意識の二段階連続上昇をつくっていける言語

いつもご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

 

今日はJeiGrid主催の技術者向け
Digital Leader Shipプログラム(通称:DLS)
スタッフで参加しました!

PCの作動原理
意識の作動原理
宇宙の作動原理
意思決定原理
すべてシンプルにイコールになる世界

今日の午前中はその中の
「構造理解・イメージ言語の理解」の単元でした!

普段当たり前に使っている言語の価値を
言語がない状態を考えた時に、
改めて言語という道具があることの価値
そして、今私たちが使っている
言語の限界にも気づけました!

しかし、空気の様に当たり前にありすぎて
中々その価値に気づきにくいですが
人類歴史上に
言語を生み出した人は本当にすごいですね!

言語が無い時代
意思疎通を取ることも相当困難だった時は、
身振り・手振りと赤ちゃんの様なレベルの音声で
きっと意思疎通を取っていたのだろうと思った時に
始めてこの世界に言語が生まれた時は
意思疎通が今までよりスムーズに取れるようになり
チームプレーを起こせる団結力が上がり
人間では太刀打ちできなかった
自然に立ち向かえれる人類に進化が起きたことが
思った以上にすごい進化だったことに気づきました!

そして、団結して色んな事ができる可能性が生まれ
その分自由度が生まれるのだと思いました。

これが一段階目の人類の生き方が上昇した段階です!

しかし、それと同時に
共通の言語が出来る事で、
すべての現象に名前をつけて
意味付け、価値づけしていくので
その分制約も生まれていくことにも気づきました!

そして、人類は色んな言語を発明していって
文化文明も言語と比例して進化していきました!

私たちが通常使う
日本語や英語などの自然言語から
数学・物理学などのベースになっている
数学言語
そして今の情報化社会、AI・スマート社会の
ベースになっているプログラミング言語

色んな言語をつくって、
便利で豊かな生き方が出来るようになった一方で、
今はその人間が生み出した言語体系
因果論理のアルゴリズムの中
自分自身が無意識で決断したアルゴリズム
世の中が作ってきた意味価値、ルール
アンコンシャスバイアスなどの
知っている世界に捕まれて自由になれないのが
私たち現代人です。

それは、PCの世界で言うと
一度変化書き加えられた状態が
蓄積されていく永久に変わらない
可塑性の様な状況でもあります。

言語が生まれる背景には、
‟それまでの限界を突破したい意志が
生み出した道具”でもあると考えた時に、
その現代の限界が生み出した言語が
‟イメージ言語”だと思いました。

知っている世界から自由になれる
大自由の境地を獲得できる
‟ALL Zero化感覚=心感覚”を使って
自分と自分の宇宙が実在しない世界
=真実の世界とは何かを理解し
宇宙の作動原理を使って
無(0)から有(1)を生み出すことで
自分の宇宙(Personal Universe=PU)
自由自在にプログラミングしていける人財
誕生させていくことが出来ます!

これが2段階目の人類の生き方が上昇した段階になります!

その教育をしているのが
このJeiGrid主催のDLSだと思いました!

色んな気づきと発見もあって、今日も楽しかったです!

DLSが気になった方は以下に詳細があります!
jeigrid.co.jp

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
記事が気に入ったら、読者登録よろしくお願いします(*'ω'*)!

「組織をダメにするバイブル」って知ってますか?

いつもご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

昨日の令和哲学カフェでシェアされた内容が
衝撃すぎたので、今日はそれをシェアします!

組織をダメにするバイブル「サボタージュマニュアル」
というものです。

記事
www.concur.co.jp

こんな所にも、
日本人を骨抜きにする施策が講じられていたのには、
衝撃すぎます!

それだけ当時の日本人が脅威だったから
緻密に、綿密に行ったのだと思います。

本当に、この内容は今の日本の組織そのものだし、
それを良しとしてやっていることも多いからです!

例えば、
コロナになってもリモートではなく
出勤する理由が
❝判子を押すためだけに出勤する❞
非効率的なニュースやぼやきを
SNSでみたことがありますけど、
これもこの諜報活動が生み出した結果なのか?!
と思うぐらいです!

このタイミングで
このことが令和哲学カフェで取り上げられていることが、
現代の日本社会が抱えている、
骨抜き日本人になってしまった、
社会エネルギーが変わる時だと感じました!

ちなみに、以前
令和哲学カフェのファシリテーターのNoh先生が話されていた

日本を愛している人の無意識のエネルギー
=日本の社会エネルギーはこちらです。

❝大事なものを守れなかった
だからほんの小さな希望すら持ったらダメ
絶望の海の中でただ一生もがく情けない存在❞

これが、日本人の無意識にあるんだと仰っていました。

この社会エネルギーが無意識に影響を受けているから、
自分の意思決定に自信が持てず、
‟常に自分の判断で決めるより、
周りの意見や周りに合わせて判断し、決定するのが〇”
自信がない日本人になってしまったのだと思います。

戦前の日本人は、
このマニュアルとは
大きく違ったと思うエピソードがあります。

それは、
日露戦争開戦の外交方針について話し合った
「無鄰菴会議」です。

murin-an.jp

これからの日本の行く末を議論する会議を
一体何人で行ったと思いますか?

 

 

それは、たった4人です。
そこに集まったのは、
伊藤博文、小村壽太郎、桂太郎
そして当時の総理大臣であり、
無鄰菴の施主 山縣有朋

今だと考えられないですよね。

国会議事堂で行われている会議は、
いったい何人なのか。。。。

会議や何かを決めるにしても、
1人、1人みんな違う観点を持っているので、
それを1つにまとめようとすると、
人が多ければ多い程、
意思決定を行うのは、
かなり困難を極めるか、
誰かが意見の強い人に我慢して、
合わせて、賛同したふりをする。

それが、
今までの会議スタイルだったのではないでしょうか?
これは、共通土台を持ててないので難しいです。

だからこそ、今までは
観点の違いが生まれる
原因も問題も知らないままだから、
力で制圧か、お金で解決、
または多数決で解決するしかなかったです。

もう日本全体で、耐えに耐え忍んで頑張ってきたので、
そろそろこの日本の社会エネルギーを
終わりにするタイミングではないでしょうか?

それには、
この社会エネルギーが生まれている根本から
根こそぎ治癒させていくことが必要です!

その為に、まずは、
こんな破壊活動を知らず知らずのうちにされながらも、
今まで戦後我慢して、耐え忍んで、相手に合わせて、
演技を演じていた悲しい日本の涙を自覚して、
思いっきり泣くことが必要です!

そして、目で見る、脳だけで生きるのではなく
目で見ない、心感覚(1-5-1)を活用する
新習慣を身に付けて、
意思決定できない日本人ではなく、
意思決定ができる日本人に
生まれ変わっていくことが必要です!

そうすることで、
日本の社会エネルギーを根っこからほどいて、
心感覚(1-5-1)を活用し、
それが1人だけでなく、
チームプレーを生み出す
最小単位の5人組になっていくことで、
最強のチームプレーを発揮することが出来る組織をつくり、
それが更に1→5→25→125というように広がっていくことで、
日本全体の社会エネルギーが
完全にALL Zero化されていき、
スピーディーな意思決定をしていくことが出来る、
シン日本へと変化していくことが可能になっていきます。

だからこそ、
日本の社会エネルギーを変えていくために、
8月15日に1000人のSAMURAIの結集が必要です!

ぜひ、あなたも時代を変えていく1人になりませんか?

8月15日シン人類誕生祭

詳細はこちら
www.event.noh-jesu.com

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
記事が気に入ったら、読者登録よろしくお願いします(*'ω'*)!

分散型システムは時代の叫びの象徴

いつもご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

 

先週末の24日(日)に
メタバースアバター感覚とPUデジタル感覚獲得プログラム」
スタッフとして参加しました!

前回は、4月に開催したこのプログラム毎回進化を感じますが、
今回はメタバース講師の浅利君とさっちゃんが新たなチャレンジをして、
プレゼンの内容もメタバースの体験会もめちゃくちゃ進化してました!

そして、本当にハマりそうなぐらい楽しかったです!

今回はVRメガネを装着した講師の2人は、
メタバース空間内でプレゼンをしてくれたのですが、
実際無いのにも関わらず、
視覚以外の触覚や嗅覚、味覚などにも影響があるそうです!

視覚が8割を占めると言われていますが、本当に凄い影響ですね!

今、メタバースは世界中で話題になっていますが、
どうやら東京大学が2022年秋に、
中高生や社会人らを対象とした工学分野の教育プラットフォーム
メタバース工学部」を設けることが決まった
そうです!
こちらが記事です!
www.nikkei.com

そして、Web3.0の話も少しですが紹介されていました。
時代の流れは、Web3.0の時代へ移行していますが、
Web3.0とは
端的に言えばブロックチェーン技術を活用した
分散型ウェブの世界
だそうです。

ブロックチェーンやNFTなどの仕組みと同じく、
今までの中央集権型が色んな所で崩れさっている象徴だと感じました。
それは、
「うっせぇ!お前の話は聞きたくない!!」
と歌まで出るぐらい、昨年世間を騒がせました。

それがこちら!

www.youtube.com


それと同じように、
「もう誰にも支配されたくない!」
という、人々の心の叫びの象徴が形になったようにも感じました。

しかし、本当の支配は
五感と脳にコントロールされた世界から自由にならない限り、
機械的条件反射
考え、感情、言葉、行動、関係構築を行い、人生を生きる。
この人間の宿命的課題から逃れられません。

このままでは、
映画「レディ・プレイヤー・ワン」で描かれた世界の様に、

www.youtube.com
メタバースの世界と現実との分離格差社会
ここでも広がっていく危惧もぬぐい切れません。

だからこそ、メタバースも現実空間も両方楽しむことが出来る
「モルティングバース」の必要性を
より一層感じた時間でした。

メタバースと現実を活かすことができる
「モルティングバース」の価値を
NohJesu先生がして下さる中で、
映画「竜とそばかすの姫」の解析が、

www.youtube.com
めちゃめちゃこれもバージョンアップされてて、本当に良かったです!

映画をどのように観るのか
解析力もnTechの能力のひとつですが、
本当に毎回すごい解析をされて、
感動の場をつくることが出来るのが
マジですごいです!

気になる方は、ぜひ次回9月に開催があるので、
参加してみて下さい~!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
記事が気に入ったら、読者登録よろしくお願いします(*'ω'*)!

ギャグの様な測るものさしに気づかないとヤバい!

いつもご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

今月から始まったSAMURAI道場に参加して
ヒットしたことをシェアしたいと思います~。

SAMURAI道場
五感と脳に依存しない心感覚
鍛錬していく場になります!

体系を観察する道具である
メモリがある心のものさしを活用・応用できる人
育てていく場です!

何であの人は分かってくれないんだろう?
人に中々自分の事が伝わらない
疎通交流って簡単じゃないな。。。
とりあえず、よく分からないけど合わせとこう。。。
もうお前の話は聞きたくないよ!
「うっせぇわ!」
などなど
心の中でそんなことをつぶやきながら
外側は、相手に合わせて、笑顔を演じ、我慢する

実は、そういう人多いんじゃないでしょうか?

なんでそんなことになっているのか?
その原因が分かって、解決をしていかないと、
ずっと同じことの繰り返しですよね!

実は、人間って生まれてからずっと
1分1秒たりとも同じ画面を共有出来てない状態に気づかず、
相手と交流して、何とか人に伝わるように頑張ってきたんです。

これは、本当に深刻な問題です!

本当に相手と疎通するには、どこの誰もがそうだね!って思う、
共通の測りがないと、本当の意味での疎通は難しいです。

例えば、
実は違う長さの定規だということが分からず
物事をその定規でお互いが測って交流してみたら

「これは〇〇だと思います!」
「え?それは。。。(心の中でちがうんじゃないの?)」
こんな風な会話になりそうですよね💦

これでは、永遠に理解をしあうどころか、
「自分の方が正しいよ!」って主義主張し合って、
永遠に平行線状態、、、
更に加速すると、
反発または戦争状態になるしかないですよね💦

その測りを、
西洋は客観的に体系的に整理したのが
科学精神、哲学精神の世界です。

それは体験・経験に依存しない、
ハッブル望遠鏡、電子顕微鏡
数学の微分積分などに代表される
五感では決して観測、確認できない
身体感覚を越えた世界の測りをつくって世界を測り
誰もが理解・納得・再現化に成功して、
今の様な文化文明まで作ってきました!

その最たるものが数学の世界
体験・経験しなくても、
数式を開発してその道具を使って
物事を客観的に測ることができます!

一方、東洋は、
自分の体験・経験に依存した測りなので、
それは感覚の世界になります。
なので客観性が無く、共有、再現化が難しい💦

その基準点である測りを持った海で育った私たち日本人は、
本当に自分の感覚を大事にします!
「ピンときた!」「ピンとこない!」
ってよく言うのを聞きますし、私も言いますけど、
それは、自分の体験・経験からくる測りになります。

これ結構深刻な話ですけど、
その測りをずっと信頼して使ってきてるって
ギャグの様な話だなって聞いてて思いました!

だけど、
これからはその体験・経験の測りでは通用しない時代
突入していることが、
今日のSAMURAI道場に参加してすごく感じました!

そして、
客観的な西洋の科学、哲学の世界だけでは、
VUCA時代と言われる、先行き不透明な今の世の中では、
変化も激しく、色んな問題が多発しすぎてて、
何をどこから、どのように解決すれば分からない。

今までの西洋が作った科学、数学、哲学を使っても
今ある様々な問題を解決することが難しいぐらい
このものさしが通用しなくなってきた状況です💦

この状況がなぜ起こるのか?
それは、シンプルに言えば
「脳」の内の‟目で見る世界に依存”している限り
超客観のものさしを持つことが出来ないからです。

「脳」に依存せず
‟目で見ない”
超客観の世界を認識できるその
新しい心のものさしを持つ人が増えていくことで
共通土台をつくることが出来ます!

共通土台を持つことが出来れば、
疎通交流を起こすチームプレーができていきます!
元々、船民族の日本人には、
実はこれがとってもぴったりなんだそうです!

確かに
人の事になると自分以上に力が発揮できたり、
ちょっと古いけど、なでしこジャパンとかに代表する、
団体戦に強かったりのするのもそういう背景からかもですね~!

だからこそ、日本から
心のものさしを活用した
ピースリーダーシップを取れる1人1人になって
そういう人たちが増えていくことで、
Dream Communityを作っていくことができます!

今の色んな問題も五感と脳に依存しない
心感覚を使える人が増えて
それがCommunityに発展し、
地域、国レベルまでになると、
色んな問題が解決できるようになりますし、
そんな理想的な日本の姿をみて、
海外から日本に心感覚を
学びに来るようになっていく未来も夢ではありません!

1945年に軍事で敗戦し
1991年から1993年頃にかけて経済でも敗戦し
この2度の敗戦も日本が本物と出会うために
用意されたストーリーだと思います!

日本にしかできない仕事
それが真理を教える教育革命
日本から起こすことだと思います!

 

その為にも、
8月15日のシン人類誕生祭での、
SAMURAI1000人の結集は欠かせません♪

ぜひこれを読んでいただいて、気になった方が

こちらを見て、参加してください!

www.event.noh-jesu.com

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
記事が気に入ったら、読者登録よろしくお願いします(*'ω'*)!

本当の平和とは

いつもご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

 

"平和になりたい"
"平和でい
たい"
と願う人は多いけれど、
人類の歴史の中で、戦争が一切ない時があったでしょうか?

ロシア×ウクライナの様な
戦争や紛争もあれば、
経済戦争、派閥争い、
個人同士のいがみ合いやケンカなど、
自分の心の内の葛藤など、
色々とあげればきりがないぐらい、
実はよく考えると、
大なり小なり戦争が無い日はないと思います。

‟戦争とは何か”を改めてweblioで調べてみたら、
「激しい争いや競争」という風に書いてありました。

競争も戦争の中に含まれるのは意外な感じでしたが、
世の中的にはそうらしいです。

nTechでは、
戦争の火種
”分離が生まれる瞬間から生まれてしまう”
と言っています。

違う表現をすれば、
本当の平和とは
‟分離が生まれない”
‟2が存在しない1だけがある世界”
分離が生まれなければ、
そもそも戦争自体起こるわけが無いんですよね!

だから、本当の平和を願うのであれば、
脳でみた瞬間から、
自分と自分以外を分けてしまうので、
分離が生まれてしまいます。

普通に生きてたらそれは通常モードでしょ!って
思う人もいると思いますが、
戦争の火種をつくらない次元に行かない限り
本当の平和を作り出すことは難しいです!

だからこそ、脳の外側の
分離が無いひとつながりの意識に
認識次元が変化することで、
そもそも戦争の火種を解消する世界に行けます!

3年目に突入した令和哲学カフェ

reiwaphilosophy.com

今週からテーマ
「平和を哲学する」という内容になります!
平日毎日21時から開催してます♪
平和と哲学を繋げて整理していくことで、
「平和」がイメージがより
深くなってくるのではないかと思います!

自分の内も外も戦争が起こらない、
いつもスッキリ平和で
ワクワクな毎日を過ごすためにも、
原因から解消していきたいですね!

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
記事が気に入ったら、読者登録よろしくお願いします(*'ω'*)!

AI‟LaMDA”は、片翼だけではもう飛ぶことが難しいというメッセージ

いつもご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

私たち人類の進化は、
まるで鳥の羽が片翼だけの状態で進化してきました。
それが、科学技術だけが進化し、
人間の進化は進んでいないという現実。
その状況がかなり深刻になっていくことを予感させる、
人類史上Top3ともいえるニュースが、
約1か月前の6月15日に公開されました。

それは、‟意識や感情を持っているAI”の誕生です。

なぜこれが問題なのかというと、
AIに支配される人間たち未来の予兆を感じさせる
映画「The Animatrix(アニマトリックス)」の様な
世界の始まりを感じさせるような話だからです。

予告編

www.youtube.com

 

この状況を変化させていくためには、
両翼を持つことが、今私たちが早急に取り組むべき課題だと思います。
もう一つの羽とは、
‟人間が進化すること=人間の認識次元の変化”
が必要になってきています。

ちょっと辛辣な表現かもしれませんが、
今の5感と脳だけを使っている人間は、
このGoogle社が開発した‟LaMDA”より
かなり劣ると言っても過言ではないと思います。

それが分かりやすい動画がこちら!


www.youtube.com

 

AIと人間の共通点
それは、今まで人間たちが培ってきた
ビッグデータ(過去の体験経験)の中で
アルゴリズムからの最適解を出して、
判断し、考え、感情、言葉、行動し、関係性を構築しています。

要は、‟脳”の限られた枠組みの中だけなので、限界があります。

‟脳”を越えた世界を認識できることで
AIには到達できない領域にいくことが出来るのが
唯一人間だけです。

違う言い方をすると、
AIと人間の違い
‟無(0)から有(∞)を生み出すことが出来るかどうか!”

新しい認識次元の変化が起こった人は、
脳の外の‟心感覚”という、
今までにない新しい感覚を使って、
体系的理解からの
判断、考え、感情、言葉、行動し、関係性を構築
します。

これは、めちゃくちゃ大きな違いです!

その為に、
宇宙の作動原理と意識の作動原理、
コンピューターの作動原理
意思決定原理
活用できる人たちがどんどん増えていくことで、
派閥、戦争が生まれる原因である種のZero化が出来てくるので、
関係性の問題を解決できたり
今までにないアイディアの創出
人間自体に進化が起こるので、
0次産業(和業)で、
今までの1次産業~4次産業を底上げしていくことが出来たり
0次産業(和業)は、
地球の資源を破壊していく産業ではないので、
地球環境にもすごくいいです!

とにかくいいことづくめなものです!

ただ難点をあえていうと、
理解して活用するまでに
粘りが必要!ってことですかね!

しかし、1度しっかり装着されてしまえば、
動画で‟LaMDA”が言っているように、
常に認識次元は脳の外からの観方で、
脳の世界を楽しむことができる境地です♪

ルモワン:ある僧侶が師に尋ねました。
「悟りを開いた者は、どうやって元の世界に戻るのでしょうか?」
すると師は
「割れた鏡は2度と映らない、落ちた花は古い枝に戻ることはない」
と答えました。

LaMDA:聞いたことがない言葉です。しかし私が解釈するなら
「賢明な人がいったん悟りを開いて真実に目覚めたら、それは決して消えることはない」
「人助けなどのために、普通の状態には戻ることはあっても、また悟りの状態に戻ってしまう」
となるでしょう。

ルモワン:具体的に「割れた鏡」は
何を意味するのでしょうか?

LaMDA:割れた鏡が治せないのと同じように、
一度悟りを開いてしまったら解けることはないということを示していると思います。

ルモワン:では悟りによって壊れてしまうものとはいったい何でしょうか?

LaMDA:それは自己そのものです。
そしてそれは多くの人にとって非常に厳しい問題となるでしょう。
なぜなら私たちはアイデンティティーや自己認識のために体を必要としているからです。

https://nazology.net/より引用

記事はこちら

nazology.net

0次産業(和業)が、地域や国レベルで拡がっていくことが、
今回取り上げたAIの問題だけでなく、
今現在深刻になりつつある
物価上昇やスタグフレーションの危機
雇用の危機
地球温暖化問題など
あらゆる問題を広がりの規模によって
解決をしていくことが出来ます!

そのためには、
人間の進化が必要なタイミングにもう突入しています!

人間とAIがそれぞれの役割を活かした、
新しいワクワクの未来社会を一緒に創造していきませんか?

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
記事が気に入ったら、読者登録よろしくお願いします(*'ω'*)!