『無』の世界『0=∞=1』を活用応用した ~尊厳Life Styleの提案~

『無』の世界『0=∞=1』を、nTec(認識技術)を使って活用応用した生き方やnTec(認識技術)とは何かをわかりやすくご紹介します。

『無』の世界を活用したセッションについて【差別性】

ご訪問ありがとうございます。

 

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として

活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

 

今回は、『無』の世界を活用した認識技術の職業のひとつである、
『観術セッション士』について書きたいと思います。

①セッションとは何か

『セッション』とはどういうものかというと、
自分自身の無意識の心の癖やパターンを意識化して、
発見していくものです。

f:id:kou_shinsekairoute:20180414184302j:plain

無意識の心の癖やパターンを発見するセッションは、
ヒーリング、リーディング、カウンセリング、コーチングなど、
世の中に色々とあります。

同じ様に、無意識をみていくセッションではありますが、
認識技術が提供しているセッションは、
他のものと一体何が違うのかをご紹介したいと思います。

②差別性

1.内容ではなく仕組み・構造で整理する

☆内容ではなく、構造、普遍的な仕組みを使って、
内容を整理していきます。

☆人によって違う内容をパターン化させて、
内容を整理していき、
無意識と意識の差を取って融合させていきます。

2.心の癖やパターンの発見からALL Zero化を案内できる(ほどき方)

ここ数年、量子力学の波動と粒子の二重性という、
理論が実験科学で証明されてから、
「フォログラム宇宙論「この現実は錯覚ではないか?」
という事が、
現在、NHKやスペースX社のCEOのイーロン・マスク氏など
いろんな著名な方が話をされ騒がれています。

スピリチュアルでも量子論を使った〇〇など、
科学と精神世界がどんどん融合してきているような事が、
結構多くなってきました。

それぐらい、量子力学の世界観が証明されたことは、
私たちに影響を及ぼしつつある時代に来ました。

でも、明確な根拠をもって、この現実が錯覚という事
話されているところは、あまり聞かないです。

そして、頭では分かったとしても、
中々自分の日常と繋がりにくいのではないかと思います。

だって、目で見ると色んな物・存在がありますしね。

しかし、認識技術を活用した観術セッション士が行う
『観術セッション』は、そこを階段を追って、
クライアントさんと繋げて、ALL Zero化感覚を案内していきます。

これが、意識と無意識の格差をすべてほどいて
すべての差を無くしていくことで、
無意識につかまってしまう、
パターンや自分の考え・感情から
解放されていくことが可能になります。

私もこのセッションを受けたことがありますが、
無意識にやっているパターンを自分で気づいて発見し、
つかめることも凄いなと思いましたが、
段階を追って、人間がやってしまう共通のパターンや
すべての存在がやっている共通のパターンが、
自分がやっていることに気づくことで、
自分を責める必要もないことに気づいて、
凄く心が楽になって、スッキリしました(*'ω'*)!

3.質問力が違う

詳しくは、後日書きますが、
宇宙の仕組みのイメージと論理をわかってセッションをするので、
今までと次元が違う質問をしていきます。

だから、質問のイメージが変わります。

テーチングの様に、相手に教えるのではなく、
質問を通して、クライアントさんが自ら
自分の無意識を見ていくことで、
気づきや発見をしていくことを大事にしています。

『無』の世界は、これからの時代に必要な要素になってくると思います。

色んな方と『無』の世界を活用していきたいです(*'ω'*)!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。