『無』の世界『0=∞=1』を活用応用した ~尊厳Life Styleの提案~

『無』の世界『0=∞=1』を、nTec(認識技術)を使って活用応用した生き方やnTec(認識技術)とは何かをわかりやすくご紹介します。

『無』の世界を活用したセッションについて【質問編】

ご訪問ありがとうございます。

 

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として

活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

今回は、『無』の世界を活用した認識技術の職業のひとつである、
『観術セッション士』について書きたいと思います。

①セッションについて

『セッション』とはどういうものかというと、
自分自身の無意識の心の癖やパターンを意識化して、
発見していくものです。

無意識の心の癖やパターンを発見するセッションは、
ヒーリング、リーディング、カウンセリング、コーチングなど、
世の中に色々とあります。

同じ様に、無意識をみていくセッションではありますが、
認識技術が提供しているセッションは、
何が違うのかを書こうと思います。

②心のイメージ 

ちなみに、一般的な心のイメージって、
考え、感情が心だと思っている人も居ると思います。

そして、
顕在意識、潜在意識、集合無意識が、
心だと思っている方もいるのではないかと思います。

これらすべて、実は認識技術的な観点で見ると、
実は、『心ではありません』

えっっ?!
って思っている方は、多いと思いますが、
実はそうなんです。

詳しくは、このblogだけで説明は難しいのですが。。。

では、心って何?って話になりますが、

その考え、感情を含む顕在意識、潜在意識、集合無意識
すべてを作り出している『本来の心』まで案内して、
すべてをALL Zero化感覚をつかんでいきます。

日常に自分がうっかりつかまってしまい、
思った通りにいかない出来事の原因でもある、
無意識の心のパターンとつなげてセッションしていくのが、
『観術セッション士』です。

③質問力 について

最近、セッション士は、
『質問力』ですべて決まっていくな~!と、
つくづく感じています。

f:id:kou_shinsekairoute:20180415220237j:plain

質問にも二通りあります。

1.横滑りの質問

2.垂直の質問

です。

④通常の質問との差別性

一見よく分からないかもしれませんが、
観術セッション士は、心の仕組みの全体の地図が、
頭の中にインストールされているので、
『横滑りの質問』の様に、
クライアントさんの深い部分にアクセスするのではなく、
現象的な質問、または、深まらない質問になってしまうのが、
この質問のイメージです。

そうでは無く、
『心の仕組みの全体の地図』を元に、
『垂直の質問』をしていく事で、
クライアントさんの中にある無意識にアクセスし、
本人も気づかなかったイメージや観点を
本人が発見し、気づいていくので、
気づき感動変化のきっかけをつくっていく事が出来ます。

観術セッション士を全国で育てている方がいるのですが、
その人が少し質問するだけで、
自分の無意識に固定しているイメージを発見することができて、
その現場を見た時に、その質問力にスゴイと感動しました!

例えば、

針に行った事がある方は、イメージができると思いますが、
針師の方は、知識や経験を活かしながら、
その技術と感覚を培っていかれます。

その針師の中でも、
スペシャルな針師の方に施術してもらった場合、
ポイントの中でもピンポイントを的確につくことで、
治り具合も雲泥の差が出ます。

そのぐらい、とてもシャープピンポイント
『垂直の質問』をしていくことができるのが、
その人です。

私も、その人と少し話をしただけで、
今までぼんやりしていた自分の無意識のパターンが
より明確になって、超スッキリしました!

その『観術セッション士』を育てている人以上に、
すごい質問力を持っている人が、私が尊敬している人です。

そして、『すべての悩みを生み出している根本原因』
一緒に発見していき、その原因が変化していくと、
今まで問題だと思って悩んでいたことが、
『問題は問題ではなくなる。』
=『問題が解消する世界にいく』ことが可能になります。

そして、問題が解消したところから、

どんな生き方をしていきたいか
新しい場をセッティングをする事が出来たときに、
初めて無意識と意識がひとつにつながって
思った通りの新しい生き方
クライアントさんと一緒につくっていく事が
できるのだなぁと、改めて感じました(^^)

 そのためにも、まずは
『悩みが生まれる根本原因』を知ることが、
とても重要です。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。