『無』の世界『0=∞=1』を活用応用した ~尊厳Life Styleの提案~

『無』の世界『0=∞=1』を、nTec(認識技術)を使って活用応用した生き方やnTec(認識技術)とは何かをわかりやすくご紹介します。

結論を出したがる男子、話が飛んでしまう女子 その1

いつもご訪問ありがとうございます(*'▽')!

 

 『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として

活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

 

今日は、先日あった出来事から、

男性と女性の観点の違いについて書きたいと思います。

昔、感じていた疑問が、同じ人間なのに、
なんで、こんなにも男性と女性の感じ方は違うのだろう?

こんな疑問を思うことがありました。

今は、認識技術を学んで、仕組みから観るようになったら、
とてもシンプルに理解できるようになったので、
全く違う観点を持った人と出会っても
心が戸惑う事はなくなりました。

①出来事

何人か集まって、色んなシェアをしている最中に、
その中のある女性が、みんなにシェアしたい話があり、
そのことを話をするシーンがありました。

f:id:kou_shinsekairoute:20180410005559j:plain

最初は、話したい事の結論に向かって、
結論に至る経緯を話してくれていたのですが、
途中、誰かが話した話の単語を聞いて
違う話になっていき、会話の流れが飛ぶことが何度かあり、
一緒に聞いていた、男性陣たちが、
「また違う話になった。。。」と心の中で呟き、
そして、話が飛ぶ会話が何度も続くうちに、

ある一人の男性は、
隣の男性に「また違う話になりましたよ」と囁いたり、

そして、違う男性は、あまりにも話が飛ぶので、
その飛び方が彼のツボにはまり
笑をこらえるけど、かなり駄々洩れ状態になり、
話をしていた女性も、何がそんなにおかしいのか分からず、
笑いをこらえる事が、話が飛ぶ度に起こるので、

女性の方も、
「何で笑うんですか?もう話したくなくなってきた」
と、不愉快になっていく状況になっていきました。

そこで、笑いをこらえていた男性は、
「結論を聞きたいけど、話が飛びすぎて、それが面白かった」
という話をしました。

同じ話を聞いても、

一人の男性は、笑いをこらえ
もう一人の男性はイライラしていきましたが、

この2人の男性の共通点は、
『結局、結論は何が言いたいんだろう?』
でした。

女性と男性が2人会話する時や、
男女何人かで集まってシェアやディスカッションをする時に、
こういうことってよく起こりませんか?

私はよくありました。

ちなみに、その場にいた女性たちはみんな
話が飛ぶな~。とは感じていましたが、
何のストレスも感じず、むしろ彼女の話を楽しく聞いてました。

②男女の反応の違いがなぜなるのか?

このような男女の違いがなぜ起こるのかというと、
これが、男性と女性の性質の違いによって起こります。

1.男性の性質

男性と女性の違いを整理する時に、
本質的な所から整理すると、とても分かりやすいです。

男性の象徴は、精子

女性の象徴は、卵子

という風に、性質で整理していきます。

男性の性質は「精子」なので、
目的・目標に向かって真っすぐに向かいます。

なぜなら、
0.006mmの大きさの精子
卵管采まで到達する距離を人間の大きさに当てはめると
約300kmになります。
それは、東京-名古屋間の距離に匹敵します。

物凄い距離間ですね!

それを、たった3日間で、到達しないと死んでしまいます。

だから、脇道にそれようものなら、
途中で死んでしまいますね。

だから、
結論、目的・目標、ビジョン、夢
向かって行きたいという性質があります。

なので、女性の様に話が色々と変わってしてしまうのは、
とても耐えられないんです。

それと、男性に何かを相談すると、
すぐ解決したがるも、その性質があるからです。

女性は、ただ聞いてほしいだけだったけど、
相談するような形で話をすしていくと、
なぜか、解決策を話してくるのは、そういう理由からです。

男性は、相談に乗って解決してあげたと思って、
スッキリするかもしれませんが、

女性の本音は、
そんなことを話してほしいわけじゃないのに。。。
この人、私の心をわかってくれない。。。
というように、どんどん心が離れていってしまいます。

なので、男性のみなさま

女性が相談したいとか、相談する風な雰囲気でも、
かなりの確率で、ただ聞いてほしい事が多いので、
「解決してほしいんだ」と勘違いして、
解決策を出さないように気を付けてください。

その前に、しっかりと女性の話を聞くと、
女性も私の事を「わかってくれた」という心になるので、
かなり安心と信頼を得ることができます。

今日は長くなってしまったので、
女性性については、また明日書きたいと思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。