『無』の世界『0=∞=1』~新技術nTechを活用したLife Styleの提案~

『無』の世界『0=∞=1』を、nTech(認識技術)を使って活用応用した生き方やnTech(認識技術)とは何かをわかりやすくご紹介します。

勉強したくない心が最新技術を使って変わった!

ご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

みなさんは、勉強をするのは好きですか?

私は、勉強するのがすごく嫌いでした。

特に学生時代は、試験勉強の時ほど、
逃避したくなる無意識の心から、
まず部屋の掃除をやってからやろう!と思うぐらい、
本当に嫌いでしたね~。

勉強は「苦手」「好きじゃない」など、
勉強に対するイメージが悪い人もいると思いますので、
そこがnTechによって、
どのように変化したのか、私の話を書こうと思います。

f:id:kou_shinsekairoute:20190608165046j:plain
khamkhorによるPixabayからの画像

①昔の勉強に対するイメージ

私は小さい頃から、勉強をするのが嫌いで、
特に、小学校の時は、周りの友人や同級生たちに、
「この人は勉強できない子だ」と思われるぐらい、
勉強ができませんでした。
特に漢字などの暗記ものが本当にダメでした。

どのぐらい勉強が出来なかったのかというと、
ある時、漢字テストで0点を取って、
その事をみんなの前で先生が、
なぜあなたは0点を取るのか?と問いただされ、
それが元なのか分かりませんが、
皆から、勉強ができない奴と、
かなり馬鹿にされました。

②勉強ができない事への危機感

そして、中学校に上がる前の頃に、
自分自身もあまりにも勉強が出来ないので、
中学に入ると更に勉強が難しくなるよ。と聞いて、
もっとついていけなくなったらどうしよう。。。と、
かなり不安に駆られ、危機意識を持って、
なんとか解決したいと思い、
中学に上がる前頃から塾に通うようになりました。

そのお陰で、塾で学んだ数学・英語は、
まわりがビックリするほどの良い点を取るようになり、
一段階安心しました。

しかし、元々勉強が嫌いだったし、
勉強することに全く意味や価値を感じてなかったけど、
ただ周りに馬鹿だと思われないようにするためだけに、
勉強を頑張らないと!というモチベーションでやっていました。

③勉強する意味・価値が分からない

そして、高校生になると、
高等数学や物理、世界史など、
更に専門的になるにつれ、
元々、学ぶ意味も分からなかったので、
更にやる気がなくなっていきました。

だから、学校に行って友人と話すのは好きだけど、
勉強が嫌いだったので、
学校をさぼって、よく友達と遊びに行っていたので、
留年しない単位を最低取れる日数以外は、
あまり行っていませんでした。

④nTechを学んでからの変化


その後、nTechを学ぶようになり、
学ぶ必要性を一番感じていなかった
物理学や歴史などの勉強が自分自身と繋がって
スルスルと理解できるようになってきたので、
面白い!と思うようになり
自分でもびっくりするぐらい興味関心を持って、
本やネットなどで検索し、
主体的に学んでいくことを通して、
勉強って、こんなに楽しかったんだと思いびっくりしました。

もっと早く知っていたら、勉強がもっと面白く学べたし、
色んな事に関心を持って学ぶことができたら、
人生がもっとより豊かになるなと感じました。

⑤教育が変わる時

今はAI時代になり、人間はAIの記憶力には、
到底太刀打ちできないぐらいになっています。
だから、暗記教育も通用しなくなる時代がもう来ています。

2020年よりセンター試験の内容も変わると、
先日教育関係の方に聞きました。

だからこそ、1日も早く、
本の学校教育にnTechを活用した学びが入れば、
暗記ではなく、自ら主体性をもって、
学びができる教育に変わることで、
子供たちの不登校も少なくなると希望を持てるぐらい、
私自身、勉強に対するイメージが大きく反転しました。

早く日本や世界の教育に、nTechが導入される日が
やってきてほしいと思う今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

問題発見は新しい進化を起こすきっかけ

ご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

今日は、先日書いたblogの続きを書こうと思います。

みなさんは、「問題」「限界」と聞くと、
良いイメージがしますか?

それとも、
悪いイメージがしますか?

多くの方は、大体、「悪いイメージがする」と思う人が、
多いのではないでしょうか?

実は、「問題・限界を発見出来る事」は、
すごいことなんです。

なぜでしょう?

「新しいソリューションが開発」できるきっかけは、
すべて「問題・限界と出会う所から始まる」からです。

今日は、こちらのblogの続きを書きたいと思います。
kou-shinsekairoute.hatenablog.com

例えば、
今のスマートフォンができる前は、
携帯電話の時代がありました。
その携帯電話ができる前は、
固定電話が普通でした。

今では、固定電話を使用するって、
あまりイメージも出来ない若者も
いるのではないかというぐらい、
本当にいつでも、どこでも電話できることが、
常識になっている時代です。

そして、PC、インターネット、
それ以上にスマートフォンは、
私たちの生活になくてはならないぐらい、
当たり前に使うのが時代の常識になりました。

この便利で豊かな生活が送れるのも、
ある問題を発見したのがきっかけになります。

どこかの誰かが、ある時、
「いつでも、どこでも、電話かけれるようになったら、
便利なのに。。。」
そんな疑問を思い、固定電話が当たり前の時代に、
それを当たり前だと思わず、問題点を発見することで、
その問題を改善することをした結果、
今は当たり前になっている携帯電話ができました。

その後、アップルの創始者ティーブンジョブズが、
iPod touchを作ったこともかなり革命的でしたが、
そこから、ノキアが開発したスマートフォンが発売され、
その市場を爆発的に広げていったのが、
アップルのiPhoneでした。
今や、私たちの生活にはかなりの必需品になってます。

詳しくはこちら
スマホ歴史

f:id:kou_shinsekairoute:20190606172508j:plain
FunkyFocusによるPixabayからの画像

もしどこかの誰かが、
電話だけでなく電話に色んな機能が無いのが不便だ
という問題意識を持たなかったとしたら、
スマートフォンを開発しようという意識は、
生まれなかったかもしれません。

今私たちの生活が豊かで便利になっている背景には、
そういった誰かが問題を発見し、
それを解決していく努力をして、
道をみつけたから、その道が開けて、
新しい進化を起こした結果態との出会いをしています。

そういう見方で色んなものを見ていくと、
この世界は、色んな人の叡智の結果態で、
溢れている世の中でもありますね^^

今まで、見える世界は
とても豊かで便利になりましたが、
令和時代からは、より一層、
見えない心の世界の豊かさと、
見える物質の世界の豊かさの
バランスが必要な時に来ていると思います。

今は、令和時代なので、
私は、見えない心の世界をリードできる
日本になる事が今までにない
新しい進化を起こすことができると思っています。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

すれ違いコミュニケーション

ご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

今日、面白いサイトを知り合いがシェアしてくれていたので、
コミュニケーションのズレで分かりやすい、
良い題材だと思い、私もシェアしたいと思います。

下の図は、技術者と非技術者の会話の中での
表現に対する解釈のズレで起こるケースです。

f:id:kou_shinsekairoute:20190604162722j:plain

この表を見ていただくと分かるように、
例えば、
非技術者が、
「〇〇をお願いします。」と技術者に伝えたところ、
技術者の方が、
「この方法はやりたくないです。」と表現すると、
非技術者の方は、
「何を嫌がっているんですか。仕事なんだから、
 我慢してやってくださいよ。」
というようなコミュニケーションに
なってしまうという話です。

f:id:kou_shinsekairoute:20190604165647p:plain
200 DegreesによるPixabayからの画像

しかし、本当は、技術者の方的には、
「この方法は難があるから避けた方がいい、
他に良い方法があるから、心して聞いて欲しい。」
これが、「やりたくない」と言った、
本当の意図だったということです。

これをみて、すごい表現のズレだなと感じました。

技術者の方達独特の観点から発信する
表現スタイルだと思いますが、
これでは、
相手に自分の伝えたい意図は伝わりにくいですよね。

「やりたくない」という単語に対する解釈が、
技術者と非技術者では、大きく違うという事からの
コミュニケーションのズレが起こっています。

技術者の方は、
感情論で物事を考えない思考方式だけど、
感情論的に誤解を受けてしまう表現になっている所に
問題があるのかなと思いました。

非技術者の方は、
まさか、「やりたくない」という、
どちらかというと、
否定的な表現の裏側に、超肯定的で前向きな
Yesが隠れていたなんて、思いもよらないと思います。

だから、言葉だけを聞いて判断してしまう、
コミュニケーションスタイルに問題があると思います。

このツイートを読み進めていくと、
技術者と非技術者の大前提の大きな違い
お互いが理解してコミュニケーションを取っていかないと、
永遠に平行線なのかなと思いました。

その大前提が、
技術者=問題を発見し解決していくのが当然

その大前提で相手の話を聞いているから、
問題に対して表現は否定的になりやすいですが、
>基本的に問題点を改善または解決するよ!のスタンスで、
相手の話を聞くので、心の中は肯定的なんだと思いました。

詳しくは、こちらをご覧ください^^
togetter.com

この会話だけではなく、会話がどんどんズレてしまうのは、
大前提のイメージや単語に対するイメージが、
1人1人違うので、そこをお互い理解し合える
コミュニケーションになっていくことが、
仕事も関係性もすべてスムーズにいくことだと思いました。

コミュニケーションって簡単な様で、難しいですよね^^

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

日本の大きな夢

ご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

『令和』時代が始まって約1か月近く経ちますね
私の尊敬しているNoh Jesu氏が書いている、
『令和』についての解析もシリーズ化されていて、
本当に『令和』の意味の奥深さ
同じ単語でこれだけ解析できる、その解析力のすごさに、
シリーズが出るたびに驚かされます。

今日も、そのご紹介を1つ、1つしていけたらと思っています。

以下抜粋、

令和の幟のぼりは、
人間一人ひとりが尊厳機能を発揮できる時代の到来を知らせ、
それを創ろうとする“今「1」で生きる”シグナルでもあります。

最近、ある仲間の勧めで映画「キングダム」を観ました。
令和の幕開けとなるこのタイミングで、
このような映画が日本で上映されることは、
とても「間」に「合」ったピッタリの
メッセージだと感動しました。

物語は、いくつにも分断された
中華を統一させようとする秦王や、
奴隷の身分から「天下の大将軍になる!」と
不可能とも思える夢を持って
チャレンジする人物が登場しますが、
彼らの姿に重ね合わせて、
映画「キングダム」は日本にメッセージを送っているのです。

「日本人よ!世界を大統合する
でっかい夢とビジョン・ミッションを持ってほしい!
恐れず勇気を持って、でっかい夢を持て!」と。
(Noh Jesu blogより一部引用) 

詳しくは、こちら

blog.noh-jesu.com

まさか、令和の1番大きい夢の話から、
私の大好きな漫画『キングダム』の話につながるとは!!
ちょっとした、驚きです。

まだ映画館には観に行けてないですけど、
これは、ぜひ行かねばという気持ちになりましたねー。

このキングダムの秦大王 政や信よのうに、
日本にもでっかい夢と
ビジョン、ミッションがあると、
私も思います。

f:id:kou_shinsekairoute:20190604154758j:plain
Photo by Dyaa Eldin on Unsplash

Noh Jesuさんは、23年前から一貫して
日本のミッションを語り続けて下さってますが、
色んな人や色んな分野から、
日本と2020年というキーワードをここ数年よく聞きます。

そして、どうやら先日会った友達の話では、
この関西が特にエネルギー的にも、
神戸を中心に、緯度0.6度の範囲に
関西全体が入っているので、
そこが新しい時代の始まりの鍵になる地域だそうです。

日本の創生の場所
淡路島という神話があります。

参考HP
www.awajishima-kanko.jp

そのように、精神文明をリードしていく始まりは、
やはり日本だし、
それを裏付ける象徴
『令和』という元号に変わったことが、
何よりもそれを意味しているなとより感じる今日この頃です。

だから今、
この時代で日本に住んでいる事に、
よりワクワクしますね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

令和時代はしなやかな心が目覚める時

ご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

『令和』時代が始まって約1か月近く経ちますね
私の尊敬しているNoh Jesu氏が書いている、
『令和』についての解析もシリーズ化されていて、
本当に『令和』の意味の奥深さ
同じ単語でこれだけ解析できる、その解析力のすごさに、
シリーズが出るたびに驚かされます。

今日も、そのご紹介を1つ、1つしていけたらと思っています。

以下抜粋、

令和は、全ての感覚を生み出す源泉的な感覚であり、
しなやかで折れない不動の心、
おもてなしの心に繋がる日本の心だと理解しています。

しなやかな心は、
力を加えてもたわんだり曲がったりはしますが、
決して折れることがありません。

また、加えた力を抜けば元の形(源泉的な心)に戻ります。
そのしなやかさを「美しさ」と表現した場合、
動作や態度にブレがなく、
落ち着いた深さと芯が通った品格を表します。

また、「柔軟さ」で表現した場合、考え方に偏りがなく、
観点が広く深く、多様な次元を洞察できることを表します。
多くの日本の仲間と接する中で、
日本人の独特なしなやかな心と出会うことが多く感動に絶えません。
(Noh Jesu blogより一部引用)

 こちらが、blogの記事です。
ぜひ読んでみてください^^

blog.noh-jesu.com

この blogをよんで、
日本人の奥深くにある美しい心は、
しなやかな令和の心そのものなんだと感じました。

まさに、しなやかさは、凛とした心のような、
侍の精神そのものなんだと思い、
私たち日本人のDNAには、
間違いなくその心が刻まれていると思います。

f:id:kou_shinsekairoute:20190604152549j:plain
Marc BachによるPixabayからの画像

戦後、TVが日本に入ってきて、
細部に渡り、西洋の二元論的なものの考え方が、
私たち日本人の中に浸透しています。

だから、色んなものがパーソナライズ化され、
昔は一家で1台の電話も、
今や1人が何個もスマートフォン
持つような時代のように、
個人主義の時代にどんどんなるにつれて、
孤独感を感じやすくなりやすい社会になっています。

それが、令和の時代に入り、
本来日本の持っている、
この「しなやかな心」が目覚めていく
タイミングなんだと感じました。

毎回、blogを読み進めるにつれ、
『令和』というこの漢字2文字の奥深さが
すごく深く心に染み渡る blogだと感じました。
ぜひ、皆さんも読んでみて下さい。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

初!名古屋プチ観光【食事&街並み編】

ご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

今日は、先日仕事で初めて行った名古屋の感想を書こうと思います。

名古屋と言えば、食い倒れ?!
それは、大阪ですが。。。(笑)
しかし、美味しいものが多いことで有名だと思います。

私が名古屋で美味しいモノと言えば、まずすぐに思いつくのは、
味噌カツでした!

なので、早速今回元祖味噌カツのお店
矢場とん本店』に行きました!

こちらが、本店の外観です。
最近外観が変わったようです。

f:id:kou_shinsekairoute:20190604015334j:plain

お店の店内に創業からの写真が飾ってありましたが、
どうやら味噌カツは、偶然の産物だったものを、
創業者の鈴木義夫さんが、商品化して、
それが拡がっていったのがきっかけだそうです。

詳しくは、こちらを見てください^^

www.yabaton.com

こちらが、本場の矢場とん味噌カツです。
わらじ豚カツが有名なようですが、
そこまで食べれそうにないので、
今回は、ヒレかつ丼にしました。

f:id:kou_shinsekairoute:20190604015353j:plain

味も濃厚で美味しかったです^^

そして、せっかく行くのだからと思って色々調べていたら、
名古屋はモーニングも有名なんですね。

という事で、時間に間に合いそうで行けそうな場所で、
モーニングを食べました。

こちらが、『CAFE COOKTOWN』
モーニングです。

f:id:kou_shinsekairoute:20190604020234j:plain

なんと!
コーヒー代だけで、
このサンドイッチがついてくるそうです!
お得感満載!?
すごくボリュームもあって、
これだけでお腹いっぱいになりました♪

詳しくはこちら

tabelog.com

そして、観光スポットでも紹介された場所が、
丁度帰り道にあったので、ちょっと写メ撮りました。

こちらは、日本最古電波塔
名古屋テレビ塔です。

この日は、かなりの雨だったので、
あまりうまく撮れませんでした(涙)

f:id:kou_shinsekairoute:20190604020655j:plain

こちらは、名所ではないですが、
あまりにも派手に「令和」とPRされていたので、
思わず撮ってしまいました(笑)

f:id:kou_shinsekairoute:20190604020707j:plain

こちらがオアシス21という施設です。

水をたたえたガラスの大屋根(水の宇宙船)
芝生広場(緑の大地)
バスターミナル
イベント広場(銀河の広場)
ショップが一体となった立体型の公園
だそうです。

f:id:kou_shinsekairoute:20190604020718j:plain

一瞬外観だけしか見れてないので、
またゆっくり見てみたいですね~。

そして、電車の中で面白い広告を見つけました。
さすが侍の街らしい広告だと思いました。
リュック姿の人は、飛脚か?!

f:id:kou_shinsekairoute:20190604020729j:plain

そして、最後は、名古屋名物の手羽先で有名な
「風来坊」で、ビールと手羽先を食べて帰ろうと思い、
お店に行ったのですが、なんと!
平日なのに満席で30分待ちというではないですか!

時間的に余裕が無かったので、
渋々、お持ち帰りにして、帰りの新幹線で
食べながら帰ろうと思い買って帰りました。

こちら現物です。

f:id:kou_shinsekairoute:20190604022119j:plainf:id:kou_shinsekairoute:20190604022129j:plain

正直な所、やはり手羽先は、
熱々のうちにお店で食べるのが一番だと思いました。

味は、美味しかったけど、熱が冷めてしまい、
お店だともっと美味しいのだろうと思うと、
凄く残念でなりません(涙)

なので、みなさんは現地で食べられるのをお勧めします~。
次回のリベンジネタです!

とりとめもなく書きましたが、
今度行った時は、名古屋城が見たいですね~♪

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

初!名古屋プチ観光【熱田神宮編】

ご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

今日は、先ほどの続きで、
先日仕事で初めて行った名古屋の感想を書こうと思います。

本当は、名古屋城に行きたかったのですが、
仕事などの時間の都合上、
お城の観光時間に間に合わないことが分かり、
急遽、夕方の熱田神宮に行くことにしました。

この場所は、どうやら24時間空いているようで、
(※場所によっては閉鎖されています)
<夕方の16時頃からの参拝になってしまいましたが、
せっかく名古屋に来たのだからと思って行きました。

ちなみに、熱田神宮をHPで調べると、
以下のように書いてありました。

熱田神宮の創祀は、三種の神器の一つ草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)の御鎮座に始まります。
第12代景行天皇の御代に、日本武尊(やまとたけるのみこと)は神剣を今の名古屋市緑区大高町火上山に留め置かれたまま三重県亀山市能褒野(のぼの)でなくなられました。
尊のお妃である宮簀媛命(みやすひめのみこと)は、神剣をここ熱田の地にお祀りになられました。
以来、伊勢の神宮につぐ格別に尊いお宮として篤い崇敬をあつめ、延喜式名神大社・勅祭社(※)に列せられ国家鎮護の神宮として特別のお取り扱いを受ける一方、「熱田さま」「宮」と呼ばれ親しまれてきました。
約6万坪の境内には、樹齢千年を越える大楠が緑陰を宿し、宝物館には信仰の歴史を物語るものとして、皇室を初め全国の崇敬者から寄せられた6千余点もの奉納品が収蔵展示されております。
境内外には本宮・別宮外43社が祀られ、主な祭典・神事だけでも年間70余度、昔ながらの尊い手振りのまま今日に伝えられております。
(熱田神宮HPより引用)

www.atsutajingu.or.jp

ちなみに、よく神宮と神社って全国に色々ありますよね。
その違いについて調べてみました。

伊勢神宮熱田神宮橿原神宮平安神宮明治神宮など
神宮と神社の違いは、
一言で言うと、
皇室の祖先や皇族などの皇室とゆかりの深い神社。

神社に祭られている神様をご祭神といいますが、
「皇室の祖先」「皇族」がご祭神として祀られている神社が
「神宮」になります。
(ゼロから学べる神社のい・ろ・はより引用)

 詳しくは、こちらをご覧ください。
jinja-gosyuin.com

名前は聞いたことがあり、今回始めて参拝しましたが、
こちらは、すごく由緒ある神宮なんですね。

こちらが、西門の入り口です。
f:id:kou_shinsekairoute:20190604010449j:plain

この日は、雨でしたが、外国人旅行者も多く、
夕方でも割と人が居ました。

こちらは、手水です。
f:id:kou_shinsekairoute:20190604011920j:plain

そして、こちらが樹齢千年以上の大楠です。
弘法大使お手植えとも伝えられているそうです。
f:id:kou_shinsekairoute:20190604011607j:plain

f:id:kou_shinsekairoute:20190604011618j:plain

本殿は、こんな感じです。
f:id:kou_shinsekairoute:20190604011956j:plain

やはり令和に元号が変わっただけあり、
お札?が立ってました。
f:id:kou_shinsekairoute:20190604012006j:plain

こちら部分的ですが、境内の様子です。
f:id:kou_shinsekairoute:20190604012143j:plain

f:id:kou_shinsekairoute:20190604012232j:plain

f:id:kou_shinsekairoute:20190604012245j:plain

f:id:kou_shinsekairoute:20190604012302j:plain

そして、ここはあの織田信長が、
今川義元との戦いに行く前に、
ここで祈願をして勝利を収めた場所でもあります。

その織田信長ゆかりの場所がこちらです。

桶狭間の戦いの前にこちらで祈願し
大勝利したお礼として奉納した塀だそうです。

こちらは「信長塀」と呼ばれています。
f:id:kou_shinsekairoute:20190604012817j:plain

f:id:kou_shinsekairoute:20190604012825j:plain

実際触ってみましたが、
何百年も前のものとは思えないほど、
しっかりとしたつくりの塀でした。

きっと、日本人のモノづくりの凄さは、
この侍の精神から来ているのでしょうね。

こちらは、名古屋で最古の石橋と言われている、
二十五丁橋(にじゅうごちょうばし)です。
f:id:kou_shinsekairoute:20190604013207j:plain

久しぶりに神宮に参拝しましたが、
やはり街中にありながら独特の空気感があり、
本当に神聖な心にしてもらえるような、
時空間でした。

今年の祈願もしたので、その願いが叶うように、
日々実践していきたいと思います。

機械があれば、ぜひ足を運んでみてください^^

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

初!名古屋プチ観光【水族館編】

ご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

今日は、先日仕事で初めて行った名古屋の感想を書こうと思います。

ここは歴代の戦国武将たちを生み出した地域だけあり、
何か他の地域と違ったエネルギーを感じました。

あくまで私の受けた感覚ですが、
一言でいうと

スケールがデカい!! 

今は、分からないですが、
名古屋の結婚式は、
ものすごく豪華だとよく昔聞きました。
確かにそうさせるほどの街の雰囲気があるなぁと、
そんな印象をすごく街全体から感じ、
名だたる戦国武将を生んだ地域の凄さを感じました。

関西とはまた違いますね~。

47都道府県全部は行ったことがありませんが、
何か他の地域とは、あきらかに違う感覚がありました。
気品というのか、プライドというのか。。。
ちょっと言葉にはまだならないですね。

最初は、名古屋港水族館に行きました。
水族館に行くのもかなり久しぶりだったのですが、
魚と水というセットは、すごく癒されますね^^

たまたま、
ベルーガというお魚のオーロラの海イベントに遭遇し、
写真を撮ってみました。
魚1匹だけ見ると、なんてことないですが、
こうして一緒に集合して泳いでいると本当にキレイですね^^

まるで、日本人を象徴しているかのようなお魚たちだと感じました^^

こちらが写真です。
f:id:kou_shinsekairoute:20190604001208j:plain

f:id:kou_shinsekairoute:20190604001135j:plain

そして、昔の潜水服も飾ってあって、これがまた結構面白く、
思わず撮ってしまいました。

今は普通に酸素ボンベをつけて、海に潜るのも普通になっていますが、
昔は、酸素をどのようにして海底まで運ぶのかを、
いろいろ工夫されていたんだなぁって思うと、
人間の知恵の奥深さを感じました。

f:id:kou_shinsekairoute:20190604001235j:plain

f:id:kou_shinsekairoute:20190604001249j:plain
 

その他、初めて白いクジラをみたりして、
久しぶりの水族館でしたが、かなり面白かったです^^

f:id:kou_shinsekairoute:20190604001316j:plain

こちらは、名古屋港です。
f:id:kou_shinsekairoute:20190604001347j:plain

ちょっと、この日は雨だったので、残念な天気でしたが。。。

ウェブで調べて初めて知りましたが、
ここは結構、大きな水族館で、名古屋では
観光スポットの上位に位置しているようです。

ぜひ名古屋に行かれた際は、立ち寄ってみたらいいと思います^^

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ゲーム1つで色んな能力開発&発見できる超優れものゲームとは

ご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

昨日は、友人に誘われて、
マインドームインストラクターという
nTechを活用した新しい職業になるため

友人の練習台として、『ほめゲー』というゲームに
参加してきました。

こちらのボードは、
マインドームインストラクター ほめゲー専用ボードです。
デザインもかなり洗練されて、すごくいい感じになってます♪

f:id:kou_shinsekairoute:20190603125546j:plain

最初に『ほめゲー』ができるまでの歩み
わかりやすく話をしてくれて、
そして、ゲームのルール説明があり、
さっそくゲームが始まりました。

このゲームは、簡単に言うと、
カードのお題に沿って、回答し、
それを、参加者全員でほめる
という、とってもシンプルなすごろくゲームです。

今回ショートバージョンでの開催だったので、
私は、与えられたテーマに沿って話すのは、
1回のみでした。

その中で出たテーマが、
『人生の中で一番買ってよかったもの』
という内容でした。

このテーマを見て、一瞬、
『えー、何が一番だったかな??』と、
買った物を色々考えようとしましたが、
物に固定される必要はないよね!とすぐに考え直し、
私が答えた回答は、
『nTechという新しい技術です』
と、答えました。

短時間でギュッと圧縮して話さないといけないので、
その理由をざっくりと話しましたが、
私の中では大した話もしてなくて、
とにかくすごく買って良かったし、
人生や生き方が変わったってことを、
シンプルに伝えただけでした。

しかし、みんなの回答が、
すごく力強く本当に買って良かったことが伝わってきた。
という誉めが多かったです。

これは私の中でとっても意外で、
もっと相手にきちんと伝わるように話さないと
聞く人には伝わらないのではないか?と、
ついつい思いの癖から、表現してしまいがちですが、
そんなことをしなくても相手に伝わるんだという、
ちょっとした発見でした。

メラビアンの法則をこの話を聞いて思い出しました。

詳しくはこちら
bizhint.jp

このゲームのすごいところは、
楽しくゲームをしながら
チェックピンク自分の表現のパターンの発見
チェックピンクコミュニケーションパターン発見
チェックピンクインプットのパターン発見
チェックピンク観点の発見
チェックピンク傾聴力
チェックピンク瞬発力
チェックピンク発信力
チェックピンク観察力etc...
チェックピンクいろんな能力を鍛えることができる、
超すぐれものなゲームです。

そして最後のまとめが、
これがまたさらに以前のものより
バージョンアップしていて、
とても分かりやすかったです。

このマインドームインストラクターという新しい職業が、
いろんな地域の人が活用していくようになったら、
『ほめゲー』やその他のワークも開催されていくので、
今まで以上に能力がUPされていく人が増えたら、
関係性が活性化していきます。
だから、これからすごく楽しみだなぁ~って感じました。

ぜひ、全国の東京、大阪、福岡、札幌地域で、
まずは開催されていくので、
お近くにお住まいの方は、
機会があれば、参加されてみてください^^

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

本当の豊かさが必要な国

ご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

今日も空いた時間を見つけて、
最近ハマっている絵本を読んでみての感想です。
昔1度読んだことある本ですが、
今日の絵本は、大人には有名な絵本だと思います。

世界がもし100人の村だったら
 池田 香代子 (著)
 C.ダグラス・ラミス (翻訳)

f:id:kou_shinsekairoute:20190602234250j:plain

今朝、目が覚めたとき
あなたは今日という日にわくわくしましたか?
今夜、眠るとき
あなたは今日という日にとっくりと
満足できそうですか?
今いるところが、こよなく大切だと思いますか?

すぐに「はい、もちろん」と
いえなかったあなたに
このメールを贈ります。
これを読んだら
まわりがすこし違って見えるかもしれません。

(『世界がもし100人の村だったら』サイトより一部引用)

 全文はこちらから読んでみてください。

www.apa-apa.net

この絵本は、すごく考えさせられる系だと思いました。

すごく久しぶりに、この絵本を見たのですが、
とても構成がシンプルで、
挿絵が印象的で、分かりやすいなと思いました。

世界を見回したら、日本という国は、
本当に物質的には恵まれいますが、
基本が、世界と比較すると全体的に、
豊かな国だと、改めて思います。

だからこそ、本当の豊かさが必要だと、
すごく感じます。

それは、物質ではなく、
心の豊かさにいくことが必要だと思います。

f:id:kou_shinsekairoute:20190603000310j:plain
Photo by Ben White on Unsplash

そして、今ここ生きていることに、
マンネリするのではなく
それを、毎日、毎瞬感謝しながら 
生きることができたら、人生が違うと思います。

伝えたいメッセージが、
自分探しをすることで、
『ありのままでいい』ということに気づく
絵本だなと感じました。

絵本は、色んな表現の自由があって、
少ない中に凝縮した深いメッセージがあって、
それを読み解いていくのが、本当に面白いです。

ぜひ機会があれば読んでみてください^^ 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

自分磨きしても絶対に手に入らない「最高の自分」を手に入れるには

ご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

みなさんは、人生の中で
「変化したい」「成長したい」
「もっと輝いきたい」「魅力的になりたい」
「注目されたい」etc...
思ったことはありますか?

私は昔、自分のやりたいことを達成していくために、
今の自分では達成できなそうだから、
もっと「変化したい」「成長したい」と思って、
とにかく向上心を持って、
自分を磨いていかないとダメだという意識が、
気づいたら凄くありました。

特に、社会人になって仕事を始めてからは、
その意識がすごく高かったです。

f:id:kou_shinsekairoute:20190602231755j:plain
Igor LinkによるPixabayからの画像

いつも
「自分には何が足りないんだろう?」
「もっと頑張らなきゃ評価してもらえない」
常に、焦りや葛藤の心があり、
それが当たり前の感覚でしたし、
むしろ自分を追い込んでこそなんぼでしょ!
というような、修行僧の様な感じだったので、
よく一緒の仕事場の人や友人たちにも、
「すごいストイックだよね。」って言われていました。

しかし、自分はその感覚が当たり前すぎて、友人に言われても、
当時は「そうかな?」って思ってました(笑)
しかし今思えば、かなりストイックだったと思います。

その後nTechと出会ってから、
無意識に自己イメージが
「自分は何をやっても無力な人間」
という出発が根底にあったので、
常に、出来ない、足りないを感じてしまう出発だったから、
自分にも他人にも常にマイナスな所を見て、
そこを改善していく観点にハマっていたことに気づきました。

この観点は、特に日本人に多いのではないかと思います。

だから、足りない自分をなんとか補うための出発
いくら自分磨きをし続けていても、
いつも、どんなに努力をしても、
常に自分自身を認めることができなかったし、
満たされたされた感覚がなかったんだと思いました。

そして、nTechの技術を使った、
All Zero化感覚を習慣化していったときに、
その根底にある自己イメージが大きく変わりました。

そこから、徐々に自分のハマる観点も掴みながら、
アイデンティティからの変化をした時に、
常にあった、不安、焦り、葛藤がなくなり、
心がとても楽になったのと同時に、
ありのままの自分でも大丈夫なんだと

思えるようになりました。

自分の心が楽になったので、
以前は、少しでもミスをすると、
〇✕判断審判の対象でしかなかった出来事を、
なぜそうなったのか?
きちんと〇✕がないところから、

原因を見ようとする心の余裕も生まれるので、
自分や相手に対しても許す心が生まれてきました。

だから、
関係も自分のストライクゾーンに合う
狭い範囲の関係から、
ストライクゾーンに固定されることのない
関係に変わっていきました。

だから今は、本当にすごく楽です^^

自分磨きするには、まず
「自分とは何か」
「人間とは何か」
その本質を知って、自分という原石を磨いていために、
nTechの技術を使いながら活用・応用していくことが、
一番早くて、わくわく楽しい道になります^^

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

6/14(木)夜 ティール(Teal)組織を使った読書会開催 in 大阪

ご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

今日は、今月の中旬に開催するイベントの告知
させてもらいたいと思います。

昨年より日本で出版されてから、
会社経営者、マネージメントに関わっている方を中心に、
いまだ人気のある著書『ティール(Teal)組織』を、
ある手法を使って、その場で読んで理解を深めていこうという、
読書会を開催しようと思います。

f:id:kou_shinsekairoute:20190602153827j:plain

私も数か月前に購入したのですが、
興味があるものの、
あの本を実際手に取られた方なら
イメージがあると思いますが、
すごい分厚のです!

だから、全然読み進めることができず、
数ページ読んだものの、その後、
漬物石かのごとく、家にひっそりと置いてあります。

なので、友人の勧めもあり、
これはもうタイミングだと思い、
『アクティブ・ブック・ダイアログ(ABD)』という
手法を使い、みんなで読んでしまおうという企画を立てました。

このABDという手法がこれまた画期的で、
開発者の方にもお話を直接お伺いしたことがありますが、
本当に多岐にわたり活用できる優れものです。

なので、1度の読書会で、
例えば、
1.短時間で読書が可能
2.サマリーが残る
3.記憶の定着率の高さ
4.深い気づきと創発
5.個人の多面的成長
6.共通言語が生まれる
7.コミュニティ作り
8.何より楽しい!
と、こんなお得な読書会なのです。

詳しくは、以下のHPをご覧ください。
www.abd-abd.com

ぜひ、ティール組織に興味あるけど、
読むのがなぁ。。。と思っている方
ティール組織について深めたい!
ティール組織のシェアをしたい!
プレゼン能力を高めたい
ABDを体験してみたい!
などなど、

興味ある方は、ぜひ一度足を運んでみてください^^

イベントの詳細は、こちらをご覧ください。
kokucheese.com

ぜひ、当日皆様に会えるのを楽しみにしてます^^

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

数億光年の孤独

ご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

ネットサーフィンをしていて、
谷川俊太郎さんの“スゴい”詩7選というサイトを見つけました。

その中で、すごくいいなと思う詩が紹介してありました。

恥ずかしながら、
どうやらとても有名な詩のようです。

万有引力とは
ひき合う孤独の力である
宇宙はひずんでいる
それ故みんなはもとめ合う
谷川俊太郎『二十億光年の孤独』より

現代詩にほとんど触れたことのない人でも、
きっとこのフレーズには聞き覚えがあることでしょう。
谷川俊太郎作『二十億光年の孤独』の一節です。
谷川俊太郎“スゴい”詩7選より引用

こちらに掲載されていました。

pdmagazine.jp

f:id:kou_shinsekairoute:20190601234614j:plain
PexelsによるPixabayからの画像

国語でも良く出てくる谷川さんですが、
彼の描く絵本は、好きで読むことが多いです。

改めて詩を読んでみた時に、
その世界観の深さロマンを感じる詩だと思いました。

この詩は、宇宙と人とが万有引力によって、
引きつけ合う力をオーバーラップさせていて、
それが、深い孤独の力と表現され、
その孤独がお互い引きつけ合っていると、
書いてある辺りが、
何とも魅力のあるというか、
本質深い世界と繋がって、
すごくいい詩だと感じました。

一編の詩にどんなイマジネーションを感じるかは、
それぞれの感性でもあると思います。

感じることは、人間にしかできない業なので、
感性を磨くことをたまにしていくことも大事だと、
感じた時間でした。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

好みは観点の違いから起こること

ご訪問ありがとうございます。

『無』を活用した宇宙一美しい奇跡の数式『0=∞=1』を認識技術として
活用応用した尊厳ある生き方や認識技術とは何かをわかりやすくご紹介するblogです。

今日は、昨日シェアした、

kou-shinsekairoute.hatenablog.com

具体例として良くある話かなと思うことを
友人のちょっとした観点の違いから起こったことが、
すごく分かりやすいので、シェアしたいと思います。

ある食卓での出来事です。

旦那さん、奥さん(友人)、娘さんの3人で、
食卓を囲んで、料理が並んでいるシーンです。

f:id:kou_shinsekairoute:20190531211101j:plain
Jean van der MeulenによるPixabayからの画像

ちなみに、この出来事は、
あくまで奥さんのフィルターからみた
思い込みの世界の話です。

奥さん:旦那さんが顔をしかめているのを見て、
    心の声「あ、また嫌な顔した。」
旦那さん:「煮物、温かくないやん」
奥さん:「私は煮物は、温かくなく食べるのがいい」
娘:「私どっちも同じくらい」

同じ煮物でも、育ってきた環境によって、
好きの基準が違うんですよね。
旦那さんは、切り干し大根の煮物は熱々じゃないと嫌
奥さんは、母親が祖熱がとれて味の落ち着いた
切り干し大根の煮物を食卓に出していたそうです。
だから、熱くないのが好き。

面白いのは、
娘さんは、両方好きというのが、
さすが!2人の子供だなと思いました(笑)

奥さんは、旦那さんと
前日にも色々と嫌な事があったようで、
その過去のイメージも引きずっていたらしく、
相手の表情を目でみた瞬間に、
感情がすぐさまにオートで生まれていきます。

これは、光速よりも物凄く早いスピードでやってきます。

同じ切り干し大根の煮物を食べる
という出来事ですが、
VRの色眼鏡の違いによって生まれる、
すれ違いですね。

こういう些細な事って、
夫婦の中で良くあるあるではないでしょうか?

ちなみに、この奥さんは、nTechを学んでいるので、
常に心をリセットしながら、
旦那さんと交流しているそうです。

以前だったら、
すぐに旦那さんの一言にカチンときてしまい、
心の中で戦争を起こすか
旦那さんに文句を言ってしまい、
ケンカの海にすぐになっていたので、
すごく変化されてます~。

今ここの平和は、心の平和からですね^^

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。